イタリアンの基本/パスタ・リゾットのレシピ

スパゲッティ カルボナーラ

スタミナをつけたい時に抜群なパスタメニューは、なんといってもカルボナーラ。簡単手早くがポイントのパスタニューですが、手に入りやすい食材で作れるのも魅力的です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スパゲッティ カルボナーラ

所要時間:15分

カテゴリー:パスタカルボナーラ

 

スタミナがつくパスタメニューの代表作はカルボナーラ

カルボナーラを訳すと「炭焼き職人風」。面白い名前ですよね。この名前の由来には色々な説があります。忙しい炭焼き職人が休憩時間にスタミナをつけるため に食べたとされる説。ナポリの貴族の文献に載っていたレシピを再現したという説。戦争中、アメリカ軍がローマに駐在している時、ベーコンと卵を持ち寄り 作ったからという説もあります。イタリアパスタのルーツは諸説がありますが、そのルーツを探るのも面白いものです。とはいえまずは、カルボナーラを味わい ましょう!

スパゲッティ カルボナーラの材料(2人分

カルボナーラの材料
スパゲッティ 200g
パンチェッタ 50g
卵黄 2個分
卵白 1個分
適量
パルミジャーノチーズ 大さじ2杯
ペコリーノチーズ 大さじ1杯
オリーブオイル 大さじ1杯
ブラックペッパー 適量
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1杯

スパゲッティ カルボナーラの作り方・手順

カルボナーラの作り方

1:パンチェッタを弱火にかけ、カリカリにする

パンチェッタを弱火にかけ、カリカリにする
拍子切りしたパンチェッタと分量のオリーブオイルをフライパンに入れ弱火にかけ、パンチェッタがカリカリになるまで脂をとる。カリカリになったら、パンチェッタだけ取り出しておく。

2:卵、パルミジャーノ、ペコリーノロマーノ、塩を混ぜる

卵、パルミジャーノ、ペコリーノロマーノ、塩を混ぜる
大きめのボウルに卵とすりおろしたパルミジャーノとペコリーノロマーノ、ひとつまみの塩を加え、フォークでよくかき混ぜる。粗熱をとったスパゲッティのゆで汁を大さじ2杯(分量外)もこの時加える。

3:アルデンテにゆであげたスパゲッティを休ませる

アルデンテにゆであげたスパゲッティを休ませる
たっぷりの塩でアルデンテにゆであげたスパゲッティをざるにあげ、30秒程休ませる。
※ここですぐにソースに絡めると、だまになりやすいので少し時間を置く

4:パンチェッタとスパゲッティを絡める

パンチェッタとスパゲッティを絡める
【2】のボウルにパンチェッタとスパゲッティを入れて素早く絡める。

5:EXVオリーブオイルと黒こしょうを加える

EXVオリーブオイルと黒こしょうを加える
【4】のスパゲッティを鍋に戻し、EXVオリーブオイルと黒こしょうを加えて、ごく弱火で軽く混ぜ合わせて皿に盛る。
※【4】の段階できれいにソースをまとっていれば、鍋には戻さず、オリーブオイルと黒こしょうを回しかけるのみでよい

ガイドのワンポイントアドバイス

本来はグアンチャーレというベーコンのようなものを使用しますが、日本ではなかなか入手できないので、パンチェッタで作りました。イタリアの家庭ではパンチェッタもグアンチャーレと同様に使われていますが、日本だとブロックベーコンでもいいと思います。また、もっとクリーミーにしたい場合は、生クリームを大さじ1杯追加しても美味しく頂けます。

更新日:2013年08月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する