イタリアンの基本/イタリアンの基本関連情報

ラザニア

ラザニアのレシピ・作り方です。イタリア人のほとんどが大好物のラザニア。ソースを重ねるだけの簡単メニューです。お弁当にも最適なので、ちょっと多く作っても重宝します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラザニア

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ラザニア

 

実はお弁当にも最適!

ボロネーゼソースベシャメルソースがあれば、あとは簡単。オーブンに入れて焼くだけです。イタリアのブッフェやお弁当シーンでは、意外に定番のラザニア。冷凍保存もすれば、いつでも美味しくラザニアが食べられます。肝心なのは、温めなおし。何度温めなおしても、味わいは衰えることがありません。大きめの型で焼けばパーティーにも、小さめのグラタン皿に重ねても美味しくできます。子供も大人も大好きな基本のラザニアをご紹介します。

ラザニアの材料(4人分

ラザニアの材料
ミートソース ボロネーゼソース レードル2~3杯
ホワイトソース ベシャメルソース レードル2~3杯
パスタ ラザニア8~10枚位
パルミジャーノチーズ 適量
エクストラバージンオリーブオイル 適量

ラザニアの作り方・手順

ラザニアの作り方

1:

ボロネーゼソースベシャメルソースを温めて準備します。型にオリーブオイルを塗り、一番下の段に薄くボロネーゼソースを敷きます。

2:

アルデンテに茹でたラザニア、ボロネーゼソースとベシャメルソースの順に重ね、型のふちまで積みあがったら、すりおろしたパルミジャーノをふんだんにかけ、オリーブオイルをまわしかけます。※湯で上がりのラザニアは熱いのでやけどに気をつけて下さい。

3:

180-200℃のオーブンで、約20分焼きます。表面がぐつぐつしたら、出来上がりで、好みの量に切り分けて皿に盛ります。※オーブンによって焼き時間が違いますが、焦がさないように気をつけて下さい。

4:

とろりソースが美味しいラザニアです。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回はバリラ(Barilla)の茹でる必要のないラザニアを使用しました(やけどを恐れて)。ラザニアを茹でる時は、パスタと同様、たっぷり目の湯に塩をします。お弁当にする時は、必ず温めなおして下さい。好みで炒めた野菜類を入れても美味しくいただけます。2の段階で冷凍することもできます。特にボロネーゼソースは、まんべんなく敷き詰めます。

更新日:2007年07月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する