確定申告/確定申告書の書き方

確定申告、分離課税申告書の書き方

土地・建物や株式を譲渡した場合、申告分離課税を選択した上場株式の配当や退職所得などがある場合の確定申告には、申告書B様式の他に「分離課税用の確定申告書」が必要です。申告書第三表(分離課税用)の記入方法について解説しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土地・建物の譲渡株式の譲渡、申告分離課税を選択した上場株式の配当、先物取引、山林所得、退職所得がある場合には、所得税の「確定申告書B様式」の他に「申告書第三表(分離課税用)」(以下、分離課税申告書)を記載して、申告手続きをする必要があります。

※申告書第三表(分離課税用)はこちらからダウンロードできます。

この記事では、国税庁ホームページで公開されている記載例をもとに、分離課税申告書の記載の流れを解説します。

はじめに確定申告書B様式へ記入

まずは「確定申告書B様式」の記入方法について、簡単に触れておきましょう。

今回、国税庁のホームページで紹介されている記載例の申告者、国税太郎さんの前提条件(分離課税の対象となるもの以外)は下記のとおりです。

・給与の年収 7,140,000円     
・給与所得金額 5,226,000円 
・社会保険料控除 1,040,160円
・生命保険料控除 105,000円
・地震保険料控除 21,000円
・配偶者控除 380,000円
・扶養控除 630,000円
・基礎控除 380,000円
・源泉徴収税額 172,900円

これらの要素はすべて、年末調整で正しく処理されている源泉徴収票から読み取ることができます。
源泉徴収票から読み取れる箇所をまず記載)(出典:国税庁記載例より)

源泉徴収票から読み取れる箇所をまず記載(出典:国税庁ホームページ、以下同)

そして、これらの項目が分かった段階で、確定申告書B様式の第一表の左半分(上図参照)および源泉徴収税額の記載は終了です。また、確定申告書B様式の第二表の記載も終了します。

【参考】源泉徴収票の読み方 所得控除編

次に、分離課税申告書へ必要事項を記入

ここからは、「分離課税申告書」の記入方法について解説します。ちなみに、国税太郎さんの分離課税の対象となるものの各条件は、以下のとおりです。

■土地・建物の短期譲渡
収入金額:6,000,000円 / 所得金額:975,000円

■土地・建物の長期譲渡
収入金額:9,800,000円 / 所得金額:7,900,000円

■未公開株の譲渡
収入金額:1,200,000円 / 所得金額:562,000円

■上場株の譲渡
収入金額:24,600,000円 / 所得金額:6,000,000円

■先物取引
収入金額:1,800,000円 / 所得金額:600,000円

■山林所得
収入金額:27,400,000円 / 所得金額:10,032,500円

これらの要素は、分離課税申告書のそれぞれの収入金額と所得金額の欄に記載します(下図参照)。
分離課税の対象となる各所得の記載例

分離課税の対象となる各所得の記載例


分離課税の税額の計算方法は次ページで>>>

更新日:2014年02月04日

(公開日:2011年02月04日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する