オンライン講座【全10回】
向こうから仕事がやって来る
仕組みの作り方

■連載のバックナンバー
【第1回】仕事がやって来る『仕組み』を作ろう!
【第2回】戦略を立てるその前に、自分をもっと知ろう
【第3回】自ら不運を招く“考え方”をしていませんか


【第4回】目標設定、自分はどうなりたいのか?

「自分戦略」を組み立て、仕事がやって来る『仕組み』を作ることは、その結果として、“自分が望む姿”へ到達できるものでなければ意味がありません。そこで、第4回目の今日は、自分はどのように仕事をしていきたいのか、どんな生活を望んでいるのか、そのためにはどのぐらい稼げばよいのか、最終的にはどうなりたいのか。自分が目指すところを、具体化しておきたいと思います。

向こうから仕事がやって来る仕組みの作り方


<INDEX>
自分はどうなりたいのか?
価値観に合わない目標は、途中で行き詰る
あなたは何と呼ばれたいですか?
目指す生活を送るには、いくら稼げばよいか

自分はどうなりたいのか?

フリーランスの成功とは、「自分の能力や特性を知り、それらを生かし切ることで仕事が成り立ち、自らが満足できる人生を生き抜くこと」だと、私は思います。ですから、成功のカタチは、人の数だけあります。そして、フリーランスの特権は、自分の将来を、何の制約もなく自由に描けることです。どんな夢や目標を掲げても、実現させる力があれば、可能になります。

皆さんは、現在どのように仕事に取組んでいますか?

■自分に聞いてみよう!
・独立してやりたいと思っていたことは何ですか?
・現在、やっている仕事に充実感を感じていますか?
・本当にやりたいことは何ですか?
・どんな分野、どんな仕事で“第1人者”と呼ばれたいですか?
・仕事は、1人でやっていきたいですか、それとも将来的にはスタッフを雇いたいですか?
・1年後、3年後、最終的に、どのくらいの年収を得たいですか?
・どんなライフスタイルが理想ですか?
・何歳まで、仕事を続けたいですか?

独立直後は、“よし、頑張るぞ!”と目標に向かって意気込んでいたものの、目の前の仕事をこなすことで精一杯になってしまうと、自分の将来や今後の方向性、抱えている問題をどう打開していったらよいかなど、自分のことを考える時間を持つことさえ後回しになってしまいます。しかし、独立して重要なことは、それらを考えて、選択・決断していくことです。会社員と違って、指示を出してくれる上司も社長もいませんから、全て自分で考え、決めていかなければなりせん。

次ページへ続きます>>