起業・会社設立のノウハウ/事業計画書・ビジネスプラン

事業計画書の書き方

起業をしても、中には事業がうまく行かないケースも。その原因にはいろいろありますが、事業計画書を作成せずに無計画に自分の思い入れだけで起業してしまったケースが多いです。また、出資や創業融資を受けるためにも事業計画書の作成は不可欠となっています。起業を決意したら、事業の中身をじっくりと検討しながら、必ず事業計画書を作成するようにしてください。その過程で事業の方向性を精査し、修正していくことが可能です。

この記事の担当ガイド

多数の経験と複数資格で起業準備から経営までまるごと支援する専門家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業の成否を分けるのは事業計画

成功への情熱を強く持ち、いざ起業! と勢いよく起業をしても、なかには事業がうまく行かないケースもあります。原因は様々ありますが、目立つのは事業計画書を作成せずに無計画に自分の思い入れだけで起業してしまったケース。出資や創業資金の融資を受ける際にも、事業計画書が必要となり、その善し悪しが審査結果に大きく影響してきます。

起業を決意したら、事業の中身をじっくりと検討しながら必ず事業計画書を作成するようにしてください。何度も精査して書き直すことによって、客観的・論理的に事業の方向性をチェック・修正することも可能になります。

初めて事業計画書を書くという方も多く、最初は何を書いていいかわからないと思いますが、まずは自分で考えて書いてみるということが大切です。以下、記載のポイントについて、解説していきます。さぁ、一緒に事業計画書を作成していきましょう!

事業計画書に何をどのように書くか

事業計画書を何度も書き直してみることで、ビジネスプランを客観的にチェックすることができる

事業計画書を何度も書き直してみることで、ビジネスプランを客観的にチェックすることができる

事業計画書は、特に決まった書式があるというわけではありません。web上に様々な書式も出回っていますが、そういった書式に無理矢理押し込めて記入していくよりは、自分の頭で考えて、それを言葉や図表などに自由に表現していくというやり方の方が良いでしょう。そうすることで、魂のこもった事業計画書ができあがるのです。

具体的な記載内容としては、事業の目的(将来ビジョン)、事業内容(コンセプト)、マーケティング戦略、売上・利益予測、資金繰り(開業資金計画・収支計画)など。ワードやパワーポイントで作成するのが一般的です。文字数が多ければいいというものでもないので、ポイントを押さえ、わかりやすくすることが大切です。商品については写真などのビジュアルを、数字に関してはグラフや図表を駆使して、読み手への説得力とインパクトも考えて作成してみましょう。

更新日:2014年02月04日

(公開日:2010年08月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    50

    この記事を共有する