ビジネス英会話/電話対応

国際電話の受け方

英語で国際電話がかかってきた場合の基本応答集です。相手の名前と要件を聞き、英語の得意な人に繋ぐまでのフレーズを用意しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話の流れは日本でのビジネス電話と同じです。先ずは自分が名乗り、相手と要件を確認します
もしも会社に英語で電話がかかってきたら、どう対応すれば良いでしょうか? まずはゆっくり話しましょう。

よく英語の電話の出だしは練習して暗記していたりして、緊張から、そこだけ早口でしゃべってしまいがちです。すると相手は、英語ができる相手だと思い、ナチュラルスピードをはるかに超える速度の英語で、まくし立ててくるケースがよくあります。

気持ちを落ち着けて簡単な挨拶(Hello. や Good morning.)と会社名を。そのあとに、"Could you speak more slowly?(もう少しゆっくり話せますか?)"と伝えてみましょう。

英語で電話を受ける

もしもし、ABC会社です。
"Hello. This is ABC company."

ご用件を承ります。
"How can I help you ?"/"Can I help you ?"

どなたにお掛けでしょうか?
"Whom would you like to speak to ?"

~におつなぎします。
"I'll connect you with Mr./Ms.***."

相手の名前や会社名の確認

どちら様でしょうか?)
"May I ask who is calling ?/Whom may I say is calling ?"

もう一度お名前を伺っても宜しいですか?
"May I have your name again, please ?"

もう一度会社名をお願いいたします。
"May I have your name of your company, again, please ?"

名前のスペルを確認させてください。
"Could you please spell your name ?"

自分では対応不能と判断した場合

・電話を保留にする
Hold on, please./One moment, please./Would care to hold ?/Would you hold a second, please?

・英語の出来る人にバトンタッチする
"I'll get someone who speaks English."

担当者が不在の理由

担当者の名前を言うとき、日本語では「佐藤は」「田中は」と呼び捨てにしますが、英語では Mr.やMs.の敬称を付けて呼びます。その後は、He、Sheの代名詞で受けて会話します。
彼/彼女はただ今席をはずしております。
"He/She is not at his/her desk at the moment."

彼/彼女はただ今外出中です。
"He/She is out now."

彼女/彼は、会社におりません。
"She/He is not in the office now."

本日、既に退社いたしております。
"She/He has already left for home today."

彼/彼女は本日お休みです。
"He/She is off today."

不在時の対応

明日またお電話いただけますでしょうか?
"Would you mind calling again tomorrow ?"

後ほどお掛け直しいただけますか?
"Could you call again later?"

いつごろ折り返し電話させましょうか?
"When shall I have her/him return your call?"

伝言は必ずお伝えいたします。
"I'll make sure she/he gets your message."

電話を切る

Thank you for calling./Thank you for your call./Thank you. Good-bye.

更新日:2010年04月01日

(公開日:2003年10月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する