ビジネス英会話/英文ビジネスメール(E-mail)

英文ビジネスメール前文文例

英文ビジネスメールは、宛先、件名、受取人名、頭語、前文、本文、末文、結語、差出人名(署名)で構成されています。ここでは、前文(書き出し)の文例をお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英文ビジネスメールは、宛先、件名、受取人名、頭語、前文、本文、末文、結語、差出人名(署名)で構成されています。ここでは、前文の書き方をお伝えします。

書き出しの一文は、メールの目的を明らかにすることです。目的に合わせた書き出しをマスターしましょう!

発信する場合の書き出し例文

ビジネスメールの場合、書き出しのI would like to は、We would like to に、また、I am writing を、We are writing としても、OKです。但し、"We"を使いすぎると、自分がない無責任な印象を与えることがありますので、多用にはくれぐれも注意しましょう! 責任の所在が自分にあるというスタンスがメールを書くときにも大切です
~の件につき、ご連絡申し上げます
I am writing to you regarding ~
I am writing in regards to (your) ~
I am writing to you concerning ~

~いたしたくメールを差し上げました。
I am writing to ~(原形動詞)
I am writing to inform you
I am writing to ask you

~したいと思っております。
I(We) would like to (travel to your country)...

~のご紹介をいたしたく存じます。
I would like to draw your attention to ~(e.g. our new products...)

この手紙は~についてあなたにお知らせするものです
This letter is to inform you that ~

~に(ご招待)させていただきます
We are pleased to(e.g. invite) you to ~

~させていただきます。
It is our pleasure to (e.g. invite) you to ~

返信する場合の書き出し例文

返信の書き出しでは、In reply to"や、Regarding~などがよく使われます。In reply to/In response to /With reference to は、ほぼ同じ意味合いで使われます。他にも、「~についてですが」という書き出しとしては、With regard to/Concerning などがあります。

~を有難うございました。
Thank you very much for your (e.g. your e-mail...)

~して(する時間を取って)下さって有難うございます。
I appreciate very much the time you took to (原形動詞)

~でのご要望のとおり、
As you requested in ~(e.g. your e-mail of DATE,)

~を受け取りました。
We received your (letter of February 23...)

~をお知らせするのは誠に残念です。
We are very sorry to inform you that ~(e.g. your order of ***,)

~につきまして、お返事申し上げます。
This is in response to ~(I am writing to)(e.g. your e-mail...)

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で英会話関連の書籍を見る

更新日:2010年04月01日

(公開日:2004年02月24日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する