小松 俊明

転職のノウハウ・外資転職 ガイド 小松 俊明

こまつ としあき

親身なキャリアカウンセリングを心がけています!

東京海洋大学教授。専門はグローバル教育/キャリア教育。サイバー大学客員教授を兼任。著書は「できる上司は定時に帰る」「35歳からの転職成功マニュアル」「人材紹介の仕事がよくわかる本」「エンジニア55歳からの定年準備」他。元ヘッドハンターで企業の採用事情に詳しい。

ガイドからの挨拶

皆さん、はじめまして。「転職のノウハウ」及び「外資で働く・転職する」ガイドを担当する小松俊明です。

不景気の転職活動は、好景気の活動に比べて時間も労力もたくさんかかるため、本当に大変です。転職活動を始められた皆さんは、積極的に求人企業や募集案件の情報収集をされてますか? 応募書類は毎回ターゲット企業ごとに手直しをしていますか? また書類選考に通り面接に進む場合は想定問答集を事前に作り、模擬面接をするなど入念な準備をしていますか?

「そこまで徹底してやる必要があるの?」と思われた皆さん。そうなんです! ここまでやらないと今の時代、希望する転職先を見つけることはできないのです。むしろ今は、入念な準備をしている人が大多数であるため、ぶっつけ本番で準備不足なまま面接に臨むことは、どんなに自分に自信がある人でも得策ではないのです。

私は採用の現場で、たくさんのビジネスマンの方々と向き合ってきました。その中で、転職活動中の皆さんには共通した悩みがあることに気づきました。履歴書や職務経歴書の書き方というような基本的な悩みから、エージェントの上手な活用法、どうしたら上手に自己アピールできるのか、転職回数の多さがマイナス評価をされているとき、どうそれを克服したらいいかなど悩みは尽きないものです。

この仕事を長くやってきたおかげで、多くのビジネスマンの方々が、そうした悩みを克服していく様を見ることもできました。その結果、過去の経験や知恵は「転職のノウハウ」となり、今、これから転職をする人に受け継がれていくべきものではないかと私は考えています。転職活動にはしっかりした準備と戦略が必要です。皆さんが転職に成功できるよう、これから皆さんを応援していきたいと思います。

経歴・バックグラウンド

秋田県出身の両親のもとに昭和42年東京都杉並区で誕生。現在東京都国分寺市在住。マレーシア・ペナン島及び神奈川県川崎市育ち。横浜市青葉区にある桐蔭学園高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ。大学卒業後は住友商事株式会社に入社して鋼管貿易/米国市場を担当。退職&結婚後アジア/マレーシア・クアラルンプールに渡り出版社を起業して求人情報誌を創刊。採用支援事業・教育事業に取り組む。帰国後は米国系ヘッドハンティング会社にて製造業管理職採用を担当。リーマンショックの年に退職。二度目の起業に挑戦:リクルーターズ株式会社を設立。同社は人材紹介会社の立ち上げ支援/経営支援、人材コンサルタントの営業研修や求人企業の面接官研修、ビジネスマンや人材コンサルタントのコーチングを実施する会社。後に行政の委託事業を機に一般社団法人国際キャリア支援機構を設立。同社は労働行政の法定講習を請け負う会社。

執筆活動は2002年に開始。同年「ストリートワイズなヤツになれ」(総合法令)を上梓。以後「人材紹介の仕事がよくわかる本」(日本実業出版)、「35歳からの転職成功マニュアル」(ソフトバンクパブリッシング)など、キャリアや自己啓発に関する著書を発表。代表作「できる上司は定時に帰る」(あさ出版)は韓国語/中国語に翻訳、後に文庫化(PHP文庫)・電子書籍化。近著「エンジニア55歳からの転職準備」(日本能率協会マネジメントセンター)。

2012年国立大学法人東京海洋大学に着任。現在グローバル教育研究推進機構教授。大学生のグローバル人材育成教育、国際交流、海外派遣等を担当。専門はグローバル教育/キャリア教育など。ソフトバンクグループのインターネット大学:サイバー大学客員教授(セルフマネジメント論/キャリアデザイン)を兼任。

<公的なポスト>
・文部科学省が認定:スーパーグローバルハイスクール(SGH)
 グローバル教育統括アドバイザー(岩手県私立高校/千葉県県立高校
 /栃木県県立高校)、SGH運営指導委員(東京都私立高校)
・公益財団法人日本台湾交流協会:台湾高校生日本留学事業委員。
・厚生労働省が主管:職業紹介責任者講習講師

経営・所属している企業・団体・協会





 

趣味・特技

趣味は国内外の旅行、ホットヨガ、タイ語学習、マイレージやポイント集め、パン屋巡り
特技は旅行計画の策定、旅行手配、面接アドバイス、就活指導

好きなことば・座右の銘

人間万事塞翁が馬