清益 功浩

医師 / 家庭の医学 ガイド 清益 功浩

きよます たかひろ

専門医として診療を行う現役のアレルギー・小児科医師

小児科医・アレルギー専門医。京都大学医学部卒業後、日本赤十字社和歌山医療センター、京都医療センターなどを経て、大阪府済生会中津病院小児科・アレルギー科で診療に従事。論文・学会報告多数。診察室外で多くの方に正確な医療情報を届けたいと、インターネットやテレビ、書籍などでも数多くの情報発信を行っている。

ガイド記事一覧

  • アレルギー検査の方法…喘息・花粉症が疑われる場合の検査

    アレルギー検査の方法…喘息・花粉症が疑われる場合の検査

    【アレルギー専門医が解説】アレルギーの有無やアレルゲンを知ることができる「アレルギー検査」。主に行われるのは、血液検査、皮膚検査、負荷試験ですが、喘息や花粉アレルギーが疑われる場合には症状に応じたその他の検査を行います。各検査法と診断方法について解説します。

    掲載日:2020年06月24日健康診断・検診・人間ドック
  • 日本脳炎ワクチンの予防接種・間隔・副作用

    日本脳炎ワクチンの予防接種・間隔・副作用

    【小児科医が解説】ウイルスによる脳炎から重篤な後遺症リスクを持つ「日本脳炎」。予防のための日本脳炎ワクチンの効果、予防接種の間隔、発熱や腫れなどの副作用、安全性・危険性について解説します。

    掲載日:2020年06月24日予防接種・ワクチン
  • B型肝炎ワクチンの予防接種スケジュール・副作用

    B型肝炎ワクチンの予防接種スケジュール・副作用

    【小児科医が解説】死亡率が高い劇症肝炎のリスクを持つ「B型肝炎」は、ワクチンで予防することができます。B型肝炎ワクチンは日本ではリスクのある人のみが対象となっている任意接種のワクチンです。予防接種の対象年齢と接種スケジュール、間隔、副作用について解説します。

    掲載日:2020年06月24日予防接種・ワクチン
  • 熱中症の予防・対策

    熱中症の予防・対策

    【医師が解説】熱中症は、環境や体調によって誰でもなりうる症状で、時に命にも関わります。しかしちょっとした工夫や心がけで予防することが可能です。熱中症にならないための休憩の取り方や、帽子や衣類など着るものの工夫、水分補給のコツなど、正しい予防のコツとポイントを解説します。

    掲載日:2020年06月23日子供の病気
  • withコロナ時代の感染対策ポイント…新型コロナとの共存は可能?

    withコロナ時代の感染対策ポイント…新型コロナとの共存は可能?

    【医師が解説】新型コロナウイルス感染症と共存するwithコロナ時代。ワクチンが開発されるまで、日常生活を送りながら、有効な感染対策法を上手く習慣化していく必要があります。感染しない・させない意識をもって、飛沫感染と接触感染による感染経路を断つ工夫を取り入れていきましょう。

    掲載日:2020年06月19日感染症
  • プールでの新型コロナ感染リスクは低い?注意すべきは更衣室や観覧席

    プールでの新型コロナ感染リスクは低い?注意すべきは更衣室や観覧席

    【医師が解説】プールは新型コロナウイルスに感染しやすい場所でしょうか? 「プール熱」と呼ばれる咽頭結膜熱等のイメージで危険と思われそうですが、学校を始め、塩素濃度を適切に管理されたプールはウイルス感染リスクが低いのです。注意すべきは送迎バスや更衣室、観覧席など、プール外での行動です。より安全にプールを楽しむためのポイントを解説します。

    掲載日:2020年06月18日感染症
  • 子どもの登下校にマスクは不要?夏の熱中症リスクと感染予防対策

    子どもの登下校にマスクは不要?夏の熱中症リスクと感染予防対策

    【小児科医が解説】新型コロナウイルス感染症対策のため、子どももマスク着用が促されています。しかし夏の登下校や運動時のマスクは熱中症リスクを伴います。大人よりも体温が高く、喉の渇きも自覚しにくい子どもは特に注意が必要です。感染対策と熱中症予防を両立できるよう工夫し、夏も子どもの健康を守りましょう。

    掲載日:2020年06月17日医療情報・ニュース
  • 夏はマスクを外したい?高温多湿な夏、熱中症リスクと感染予防法

    夏はマスクを外したい?高温多湿な夏、熱中症リスクと感染予防法

    【医師が解説】高温多湿な日本の夏。マスクの着用は、蒸れ、息苦しさ、暑さなど不快に感じる方が多いと思います。夏のマスクには熱中症リスクやバリア機能の低下などの注意点があるため、一枚のマスクを一日中使うのはできれば避けたいものです。マスクを外してよい場所も、マニュアルだけに頼るのではなく適宜判断し、健康的に適切な感染対策を行いましょう。

    掲載日:2020年06月16日医療情報・ニュース
  • 新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点

    新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点

    【医師が解説】「コロナウイルス」はよくあるウイルスが原因の風邪の10~15%を占めるありふれたものです。しかし突然変異すると「MERS」「SARS」のような恐ろしい感染症になることがあります。そもそもコロナウイルスとはどのようなウイルスか、また、現在騒がれている新型コロナウイルス(COVID-19)で報告されている症状はどのようなものか解説します。

    掲載日:2020年05月11日感染症
  • 貝毒の原因・症状・予防…アサリ・ハマグリ・ホタテ等

    貝毒の原因・症状・予防…アサリ・ハマグリ・ホタテ等

    【医師が解説】潮干狩りで採れるアサリやハマグリなどで、貝毒による食中毒を起こす危険があります。日本で見られるのは麻痺性貝毒、下痢性貝毒の2つ。過去には貝毒が検出され、ホタテガイ出荷が自主規制されたこともあります。加熱にも強い貝毒の症状、予防法、治療法について医師が解説します。

    掲載日:2020年04月24日医療情報・ニュース