川崎 さちえ

フリマアプリ・ネットオークション ガイド 川崎 さちえ

かわさき さちえ

テレビや雑誌で話題のフリマアプリ・オークション歴15年の達人

ネットオークション暦15年、フリマアプリ歴5年。NHK「あさイチ」をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションやの魅力を伝えている。

ガイドからの挨拶

ネットオークションを始めて15年、そしてフリマアプリを始めて5年近い月日が経ちます。
これだけ長い間取引をしているので、その分経験もたくさん積むことができました。
「こんな物まで出品されているのか!」と驚いたり、「え?落札されたの?」と思わずサイトを二度見したり。
もちろん、入札しても落札できなかったり、出品しても売れなかったりしたこともあります。
そんな中で、試行錯誤を繰り返し、どうすればオークションやネットフリマを楽しめるのだろうと考えるようになり、
今では「ネットオークションは楽しい」「フリマはすごい」と言い切れるまでになりました。

ここ数年でフリマアプリを使う人も多くなって、不用品を売る場所が広がりました。ネットオークションとは違うルールもありますが、それぞれの特徴を活かして不用品をお金に換えていきたいと思っています。

これからフリマアプリやネットオークションを始める方にとって、私の経験やノウハウが少しでも役立つのであれば、とても嬉しく思います。

経歴・バックグラウンド

2003年、夫が子育てをするために、突然会社を辞める。翌月からの給料が0円になり、家にいながら、しかも空いた時間でできるオークションに目をつける。しかし、取引の仕方がわからずに、まずは落札者として参加。その後、出品者側にまわり、家の中の物を出品しまくる。出品する物がほぼなくなってからは、仕入れを経験。ネットオークションを生活の一部に取り入れるべく、「ネットオークションやフリマアプリは生活のインフラになる」という考えを持つ。また消費税増税の社会においては、ネットオークションやフリマアプリが家計の救世主になりえると考え、業者とは違う視点でユーザーとして参加中。

NHK「あさイチ」、フジテレビ「ノンストップ」「バイキング」などの情報番組に出演。雑誌の取材は多数。