鈴木 真理子

ビジネス文書 ガイド 鈴木 真理子

すずき まりこ

公開セミナーや企業研修を中心に3万人以上への指導実績をもつビジネスインストラクター。またビジネス書を執筆している。株式会社ヴィタミンM 代表取締役。

ガイド記事一覧

  • 緊急事態で遅刻!スマホから送る3行メールの書き方

    緊急事態で遅刻!スマホから送る3行メールの書き方

    通勤中や移動中、思いがけず事故や災害に遭うことがあります。このような緊急事態が生じて遅刻しそうなときは、速やかに職場や訪問先へ連絡することが大切ですね。本来なら電話で直接話すべきですが、もし無理であればスマホや携帯電話からメールを送りましょう。

    掲載日:2017年10月23日ビジネス文書
  • 仕事でミスをしない人はやっている「メールのワザ」

    仕事でミスをしない人はやっている「メールのワザ」

    メールでミスをすると、やり直し・再送・謝罪など、ドンドン仕事が増えていきます。となると、送り手はもちろんのこと、受け手の時間まで奪うので注意が必要です。これらのミスをなくすにはちょっとしたテクニックを身につけるのが一番! 今回はメールにありがちなミスを挙げながら、それらを防ぐワザや習慣をお伝えします。

    掲載日:2017年09月25日ビジネス文書
  • 【ビジネス文書の心得】社会人ならおさえたい超基本

    【ビジネス文書の心得】社会人ならおさえたい超基本

    「友達や家族とのメールなら気軽にできるけれど、ビジネス文書やメールは堅苦しいし、面倒だなあ」と感じる人が多いようです。でも、ビジネスではミスやエラーを減らすために、「文書主義の原則」があります。また、お互いの仕事がスムーズに進むように、ルールとマナーもあります。書くスキルを学ぶ前に、文書の意義や大事なポイントを確認していきましょう。

    掲載日:2017年09月19日ビジネス文書
  • あり?なし?ビジネスメールによくあるカタカナ言葉10

    あり?なし?ビジネスメールによくあるカタカナ言葉10

    カタカナ言葉がたくさん書かれたビジネスメール。一見するとカッコよくて仕事ができそうな印象を与えますが、「それって日本語でもいいんじゃない?」と思うことはありませんか。ビジネスメールは分かりやすさで勝負!となると言葉選びも大切です。よくある10のカタカナ言葉を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    掲載日:2016年07月01日ビジネス文書
  • 仕事相手からデートの誘い…うまく断るメールの書き方

    仕事相手からデートの誘い…うまく断るメールの書き方

    意中の相手ではないのに一方的に好かれ、メールで食事や飲み会などデートに誘われることはありませんか? 仕事がらみの相手だと、どう断ったら角が立たないか、頭を悩ますこともあるでしょう。今回は職場の同僚や上司、取引先、お客様から、ある日突然デートに誘われたときのスマートな断り方についてアドバイスします。

    掲載日:2015年09月16日ビジネス文書
  • 内定に近づく! OB・OG訪問のお礼メールの書き方

    内定に近づく! OB・OG訪問のお礼メールの書き方

    就職活動を始めた学生の皆さん、選考試験にむけて期待と不安を抱いているのではないでしょうか? これから多くの社会人と接することになりますが、ビジネスで通用するメールが書けると、あなたの印象や評価はグッとあがります。そのひとつがOB・OG訪問後に送るお礼メールです。ポイントをおさえて先輩が喜んでくれるメールを送りましょう。

    掲載日:2015年03月23日ビジネス文書
  • 競合に勝つ! 訪問後のお礼メール

    競合に勝つ! 訪問後のお礼メール

    「訪問や面談をした後、一言お礼を伝えよう」。そんなシーンに役立つ文例を紹介します。お礼といえば、お決まりのフレーズは「ありがとうございました」。でも、それだけでは印象に残りづらいのも事実。営業の場合ですと、競合他社の存在も意識してほしいのです。そこで礼儀正しく、「あの人なら安心」と思わせるメールをスピーディに書けるようにしましょう。あなたもメール1通で競合に差をつけませんか。

    掲載日:2015年03月17日ビジネス文書
  • 再会したい人へ! 真夏の3行メール

    再会したい人へ! 真夏の3行メール

    「ごぶさたしているけれど、どうしているかな」「久しぶりに会いたいな」など、最近気になる人はいませんか? そんなときにおすすめしたいのが3行メールです。3行ならササッと書け、読む人にとっても負担が少ないもの。返信をもらえる確率もアップしそうです。暑中見舞いを兼ねて、あなたも3行メールを送ってみませんか。

    掲載日:2014年08月14日ビジネス文書