山室 賢司

うなぎ ガイド 山室 賢司

やまむろ けんじ

東京下町生まれ。鰻好き。2000年より、特に意識して鰻屋めぐりを始める。2009年より鰻屋めぐりに関するブログを開設。2010年にはブログの情報をまとめたサイト「うなぎのぼり」を始める。食べ歩き軒数は約150軒超。

ガイド記事一覧

  • 本命ならビシッと!ホワイトデーは鰻の白焼きでお返し

    本命ならビシッと!ホワイトデーは鰻の白焼きでお返し

    男性のみなさん、ホワイトデーのお返しは決まりましたか?お返しで人気なのは、アクセサリーや食事、クッキーなどのお菓子類なのだそうだ。「義理」だったらお菓子類でもよいでしょう。しかし「本命」にはビシッと決めたいところ、鰻好き女子の間ではちょっとしたブームなのがホワイトデーのお返しに鰻の白焼きなのだ。

    掲載日:2015年03月12日うなぎ
  • ぬいぐるみ専門の旅行代理店「ウナギトラベル」って?

    ぬいぐるみ専門の旅行代理店「ウナギトラベル」って?

    ぬいぐるみ専門の旅行代理店があるのを御存知ですか?その名も「ウナギトラベル」。「ウナギ」と聞くと、どうにも気になってしまう。そこで「ウナギトラベル」さんにアポイントを取り代表の東園絵(あずまそのえ)さんに取材をお願いした。なぜウナギなの?

    掲載日:2015年02月26日うなぎ
  • 生蒸のうなぎとおもてなしの心「活鰻の店つぐみ庵」

    生蒸のうなぎとおもてなしの心「活鰻の店つぐみ庵」

    珍しい生蒸の蒲焼がいただける活鰻の店つぐみ庵。先代が上野でツグミの店を営業していたのが店名の由来。昭和40年頃、店主が田端にツグミと鰻の店をはじめたが現在はもともとの住居でる駒込にて駒込のつぐみ庵として営業している。

    掲載日:2015年02月10日うなぎ
  • 老舗割烹料亭でいただくうな重「神楽坂 志満金」

    老舗割烹料亭でいただくうな重「神楽坂 志満金」

    創業1869年(明治2年)の老舗「神楽坂 志満金」。神楽坂は旧花街であり文豪ゆかりの地でもある、当時は「島金」という屋号で営業をしていたようだ。純和風の落ちついた店内でいただく、あっさり系うな重と香り高い山椒を楽しんだ後は、食後の抹茶と菓子の嬉しいおもてなしがある。

    掲載日:2014年10月27日うなぎ
  • 「春華堂」うなぎパイファクトリーを見学する

    「春華堂」うなぎパイファクトリーを見学する

    「うなぎパイ」一度は聞いたことがあるのではないだろうか。お土産としても人気のうなぎ処浜松の銘菓だ。うなぎパイを製造している春華堂の工場「うなぎパイファクトリー」にはてテーマパークのような見学コースがある。

    掲載日:2014年09月19日うなぎ
  • 古くからの養殖鰻の街、浜松の鰻屋さん5選

    古くからの養殖鰻の街、浜松の鰻屋さん5選

    浜松の鰻の養殖は1891年(明治24年)に原田仙右衛門が新居町で行ったのが始まり。戦後の高度成長期には最盛期をむかえ養鰻業者は1000軒を超えていたという。今回ご紹介する浜松の鰻屋さんはほんの一部、他にも魅力的なうなぎ屋さんがたくさんある。

    掲載日:2014年09月17日うなぎ
  • お洒落空間な和空間でいただく鰻料理 鰻菜詩GINZA

    お洒落空間な和空間でいただく鰻料理 鰻菜詩GINZA

    【閉店】2012年6月銀座にオープンした養鰻場直営、鰻中心の和食割烹「鰻菜詩」。ガラス張りのオープンキッチンを囲むカウンター席、照明が落とされた店内はなんともお洒落空間な和空間だ。鰻料理をはじめ和食メニューやワインの取り揃えも豊富。接待や女子会、記念日など様々なシチュエーションに対応してくれるお店だ。

    掲載日:2014年08月15日うなぎ
  • 川魚問屋直営店でスタミナ補給 まんまる池袋店

    川魚問屋直営店でスタミナ補給 まんまる池袋店

    蒸し暑い夏にはどうも食欲が落ちる、そんな時は鰻だ。鰻には、ビタミンA,B1,B2,D,EやDHA,EPAなどの栄養素が豊富で疲労回復や滋養強壮に効くと言われている。楽しく飲んで食べてスタミナ補給をしたいところだ。今回ご紹介する店は、1897年(明治30年)創業の鯉や鰻を扱う川魚問屋「鯉平」の直営店で、1999年(平成11年)に開店している。

    掲載日:2014年07月24日うなぎ
  • 老舗「鰻はし本」のランチうな丼と鰻の切手!?

    老舗「鰻はし本」のランチうな丼と鰻の切手!?

    今回はAll About「散歩」ガイドの増田剛己さんと、「切手収集」ガイドの板橋祐己さんが切手散歩をするということで、散歩好きな私もご一緒させていただいた。散歩の途中で鰻の切手と出会い、老舗の鰻屋さんのトロッと上品なランチうな丼と出会う。鰻を食べに行こうと、お店の下調べをしてから行くのも良いが、たまにはフラッっと立ち寄る鰻屋さんもよいものだ。散歩は出会いと発見があるから面白いのかもしれない。

    掲載日:2014年07月23日うなぎ
  • 斎藤茂吉が愛した渋谷道玄坂 花菱

    斎藤茂吉が愛した渋谷道玄坂 花菱

    アララギ派を代表する歌人斎藤茂吉は、鰻好きとしても知られている。斎藤茂吉の日記から鰻を食べた回数を調べている文献があり、それによると902回となるそうだ。昭和初期の創業の渋谷道玄坂花菱、斎藤茂吉が贔屓にしていたと言われ歌にまで詠んでいる。斎藤茂吉が愛したといううな重とはどんなものだったのか想像しながらいただく、ボリューム感とコクのバランスのよいうな重。

    掲載日:2014年04月24日うなぎ