いまや自動車保険とロードサービスは切っても切れない関係。保険会社各社も近年ますます力を入れ、充実の一途をたどっています。ロードサービスの状況と、比較のポイントをご案内します。

ロードサービスとは?

イザという時にお役立ちのロードサービス。いまやびっくりするぐらい充実しています。

イザという時にお役立ちのロードサービス。いまやびっくりするぐらい充実しています。

パンクやガス欠など、自動車にまつわるトラブルに対処してくれるのが「ロードサービス」です。

有名なのはJAFロードサービス。JAFは入会金や年会費を支払い、会員になることで、自分の車以外を運転していた場合もサービスを受けられます。対して自動車保険のロードサービスは年会費無料、利用料金も無料(一部サービスの範囲拡大時に追加料金発生)です。ただしサービスを受けられるのは契約車両のみとなります。

なお、あまり知られていませんが、クレジットカードにロードサービスが自動付帯されている場合も。ご自分のクレジットカードを確認されてはいかがでしょう。

さて、自動車保険にセットされているロードサービスを大きくわけると、以下の3つになります。

1. 故障・トラブルサービス
2. レッカー移動サービス
3. 宿泊及び帰宅費用サービス


これらのロードサービスの中身を詳しく解説していきます。

1. 故障・トラブルサービス

ドライブ中や自宅車庫での緊急トラブル時、昼でも夜でもすぐに駆けつけてくれる心強いサービスです。主なトラブルの内容は以下の通りです。

・パンク
・ガス欠
・脱輪
・バッテリーあがり
・キーとじ込み
・落輪
・オイル漏れ
・冷却水補充

基本的に、作業時間30分程度のものは無料です。保険会社によってはガソリン、オイルなどは実費となる場合もあります。また、家のトラブル(カギとじ込み等)に対応してくれる保険会社も登場しています。

2. レッカー移動サービス

レッカーサービスは、事故や故障によって自力で走行できなくなった車両を、現場から修理工場までレッカー移動してくれるサービスです。

移動してもらえる距離については、10kmから100kmまでと、会社によって大きな開きがあります。なお「指定工場までならどんなに距離があっても無料」「JAF会員なら無料」など、会社により差があるのも特徴です。

会社によって最も差が出る「宿泊及び帰宅費用サービス」とは?>>>