あくまでも上乗せです

そこで、自賠責保険のみでは賄いきれない場合に備えて、任意保険が必要となるのですが、任意保険の対人賠償保険は、自賠責保険の補償を超える部分についてのみ補償されることになっています。このことは、事故が自賠責保険の支払いの対象とならないかぎり、対人賠償保険による補償を受けることができないことを意味しています。

先に述べたように、自賠責保険ではケガの場合で最高120万円、そして死亡の場合には3,000万円が補償されますので、「任意保険による上乗せはそれ程大きくなくても良いのでは?」という考え方もあります。

しかし、例えば事故でケガを負った場合には、治療費に加えて治療期間に発生する休業損害や慰謝料などの様々な費用が発生することになりますので、自賠責保険による補償のみではちょっと心もとないでしょう。

また、最近では損害賠償の金額が高額化する傾向にあって、賠償額が一億円を超えるケースもめずらしくなくなっています。加えて、損害賠償の金額が契約の保険金額(補償の限度額)を超えてしまうと、相手方との示談交渉を保険会社に代行してもらえるサービスが使えなくなってしまうことになり、自分で示談交渉をしなければならなくなりますので、少なくとも対人賠償保険の補償額だけは「無制限」にしておくことにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。