子ども名義の預金口座は通帳が発行される銀行で開設しよう

画像の代替テキスト
子ども名義の口座で貯めたお金は教育費に。
大人にとってネット銀行やインターネットバンキングはとても便利ですが、できれば子どもの預金口座は、都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行など、通帳が発行される銀行で作ることをおすすめします。子ども自身が、通帳を手にとって入金の記録を見ることができるからです。せっかく、子ども名義の口座を作ったのであれば、現金を預け入れる体験もさせましょう。

もしまだ子ども名義の口座を持っていないなら、冬休みや夏休みなど平日の昼間に親子で出掛けられる日を利用して、子どもと一緒に銀行の窓口に行って作りましょう。このところ身元確認が厳しくなっているので、子ども本人が行かないと、原則、口座は作れません。

郵送で申し込める仕組みもありますが、子どもへの金銭教育もかねて親子で一度、銀行窓口に行ってみてください。大人だって、最近はATMとネット取引でたいていのことが済んでしまうので、銀行窓口を訪ねることが減っています。でも、子どもが銀行と付き合う最初から、「お金はATMから出てきて、ネット上であちこちに動かせる」というだけではない、現実の銀行体験をさせてあげたいものです。

必要なのは、親子双方の本人確認書類(免許証や健康保険証など)と印鑑。20歳未満の未成年者が口座を作る際は親の同伴が必要です。また15歳未満なら申 込書は親が記入できますが、15歳以上になると、申込書の署名欄には子ども自身が署名することになります。作るのは、できれば定期預金も利用できる総合口座を。

こうして預金口座を作ったあとは、お年玉などをもらったら、窓口やATMを利用して子どもと一緒に預け入れます。現在は低金利なので、出し入れしやすい普通預金でいいでしょう。親が預け入れたときは、通帳を見せて、銀行にお金を預けたことを実感させます。1回ずつの金額はそれほどではなくても、繰り返し預けていくことで残高が増えていくことが通帳に記録として残ります。

普通預金ならATMで硬貨も入金できますから、無駄なく普通預金に入金しておき、5万円、10万円などの単位になったら、定期預金に預けなおしてもいいですね。そのときも子どもに、期間が決まっている定期預金に預け替えたことを説明します。

親名義の口座と同一銀行同一支店に

児童手当は親名義の口座に振り込まれます。子ども名義の預金口座も、同じ銀行の同一支店に作っておけば、お金を動かすのがぐっとラクになります。都市銀行では、同行同一支店へのネット振込は手数料無料のところがほとんど(銀行により違いますので、利用している銀行がどうなっているか、必ず確認してください)。児童手当と同額を手数料無料のネット振込やATMを利用して、子ども名義の口座に移して貯めるのも一つの方法です。

こうして貯めておいたお金を、大学進学など子どもの人生にとって重要な節目に、親子で話し合って有意義に活用することができれば、子どもにとっても納得が行き、家計のやりくりにもプラス。

また、子どもが高校生や大学生になって、アルバイトをしたり、奨学金をもらうようになったときも、子ども名義の口座があれば、すぐに利用できます。

【関連記事】
銀行の休眠(睡眠)口座と解約方法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。