投資信託の歴史を詳しく知らない人でも「マゼラン・ファンド」という名前は聞いたことがあるかもしれません。驚異的なリターンで勇名をはせたのは、そのファンド・マネージャーをしていたピーター・リンチです。まさにアクテイブ・ファンドの伝説を築いた大投資家です。

フィデリティのマゼランファンド

新賢明なる投資家 上
「株で勝つ」、「株式投資の法則」、「株の教科書」はリンチの三部作。最後の「株の教科書」は子ども向けに書かれたといわれている。
ピーター・リンチは1944年生まれ。フィデリティの社長のゴルフキャデイーをしていたことが縁で、フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ社に証券アナリストとして入社。1977年から1990年まで株式投資信託マゼラン・ファンドの運用にあたりました。

彼はその13年間で同ファンドの資産を2,000万ドルから140億ドルへ世界最大規模に育てました(なんと700倍!)。年率収益率は29%で基準価額は13年で25倍に!ベンチマークのS&P500を下回ったのは2回だけでした。

そんな神話化した大投資家のピーター・リンチですが、ごく一般的な個人投資家に向けて、分かりやすいことばで啓もうしてきました。
彼は、いくつかの名言を残していますが、特に有名なことばは・・・

自分の知っているものに投資する


ピーター・リンチの投資術はシンプルです。ゆえに、私たちにも得るものが多いといえます。そして、彼は個人投資家の強みをよく理解していました。アマチュアの投資家は専門的知識を身につける時間がないけれども、日常のドライブやショッピングの中で、良い銘柄を発見することができると説いたのです。場合によっては、ウォール街のプロよりも早く発見することも不可能ではないといいます。

良い銘柄とは、ベンジャミン・グレアムやウオーレン・バフェットがいっていた「企業価値を下回っている価格の株」です(掘り出し物という意味)。

ピーター・リンチのさらなる名言は続く・・・次のページで!