前回掲載の「超危険!フリーターの将来設計!(前編)」「フリーターの老後はどうなる?(後編)」には、たくさんの反響をいただきました。ありがとうございます。

一方では真剣に自分の将来を考えながらも、なかなか正社員の道が拓けない人のメールもあれば、「余計なお世話だ!」という励ましもいただきました(いや、こういうメールをいただくとしばらく気落ちしてしまうのですが)。

フリーターの方にもいろいろ立場やご意見があるのは私も承知しております。ただ、論点をシンプルにするためにも(また一人でも多くの人の目に触れてもらうためにも)、前回のコラムはあえて、フリーターに挑戦するような書き方をしていることご理解いただければと思います。

実は、私は正社員になればいいよ、とは全く思っていません(私自身、正社員ではありません。一人の個人事業主です)。むしろ、正社員だから安心している人のほうが危ないと思っています。そこで、今回は「正社員も超危険!」と問題提起してみたいと思います。「自分を外に売る」ことのできない正社員のほうがフリーターより危ないかも?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今回の目次】
1)給料は増えない!
2)役職は減るばかり!

3)雇用調整、クビ、倒産……?
4)社会保険料はキツい!

5)国の年金水準はカットの方向!
6)会社の退職金も期待できない?

【後編の目次】
7)まとめ……それならどうする?
  サバイバルのポイントは2つ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━