健康保険も負けてない

日本の健康保険、当たり前のように思っていますが、これもまた世界的にはかなりイイ感じの制度なのです。ケガや病気になったときに健康保険証を持って病院に行くことを、私たちは当たり前のように思っていますが、これは日本の優れた制度なのです。健康保険制度も「保険料が高い」「医療費が高い」といつも不満を感じているところですが、世界的に見て実はかなりリーズナブルなのです。

実際に我々が払う医療費が3割ですむのは健康保険制度に加入して毎月保険料を払っているからです。日本では国民皆保険制度になっており、職業等によっていずれかの健康保険制度に加入できるようになっています。病気がちだからといって健康保険制度が加入を拒否してくるようなことはありません。当たり前のことに思えますが、これは世界的には当たり前ではないのです。

現在「シッコ」という映画が公開されていますが、これはアメリカの健康保険制度の厳しさをレポートした映画です。アメリカでは低所得者や高齢者のための健康保険制度はあるものの、一般国民については民間の医療保険を利用することとされています。こうした医療保険制度は我々の健康状態や親族の病歴などによって保険料を引き上げたり、加入を拒否することがあるのです。例えば両親がガンで亡くなっていたら、自分の保険料が上がるといった具合です。

厚生労働白書によれば、健康保険にまったく入っていないため、病院に行くと全額自腹で払わなければならない国民の数はアメリカで4000万人以上といわれているそうです。こうした人たちは我々のように3割払えば治療を受けられるわけではないので、単純計算では3.3倍の治療費を払わなければなりません。日本のように「社員は全員加入。保険料は給料の○%」という仕組みがどれほどありがたいかが分かります。

また、高額療養費の制度もとてもありがたい制度です。これは保険医療の範囲であれば、月額の自己負担が約8万円を超えればそこで自己負担がストップするというものです(高所得者は15万円。また一定額を超えた分の1%自己負担)。つまり、どんなに医療費がかかっても毎月の支払は8万円程度ですむということです。これほど安心できることはありません。

「毎月の保険料高いな~」は「もしものとき助かる!」の裏返しです。日本の健康保険の良さを理解しておきたいものですね。

→まとめ 悲観より理解と活用を