【Internet Explorer】

Webページにあるリンクをクリックすると、リンクの文字列の色が変化します。これは、すでにこのリンクは「表示済みです」ということを閲覧者に知らせる機能です。

しかし、他人にどのリンクをクリックしたかが分かってしまい、気まずい思いをすることがあるかもしれません。以下の操作をすると、リンクの色を元に戻すことができます。

以下の解説はInternet Explorer7 での操作です。Internet Explorer6 の方は、こちらを参照してください。

まず、Internet Explorer7 を起動します。メニューが表示されていない場合は、[Alt]キーを押します。

メニューが表示されたら、[ツール]メニュー→[閲覧の履歴の削除]をクリックします。

[閲覧の履歴の削除]をクリックすると、次のダイアログボックスが表示されますので、[履歴の削除]ボタンをクリックします。

[履歴の削除]ボタンをクリックすると、確認ダイアログボックスが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

以上で履歴の削除が終わりました。[F5]キーを押すと、リンクの色が元に戻っているのを確認できます。

【手順のまとめ】

 1)Internet Explorer7 を起動する。

 2)[Alt]キーを押してメニューを表示する。

 3)[ツール]メニューをクリックする。

 4)[閲覧の履歴の削除]をクリックする。

 5)[履歴の削除]ボタンをクリックする。

 6)[はい]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

これは使える! URLを簡単入力

IE 7の新機能。フィードを活用しよう!

Windows Vista 最初にする設定 1

Windows Vista 最初にする設定 2


Internet Explorer6 の方は次ページ>>