<Index>

  1. 日本の会社のときは?
  2. サフィックスを設定する
  3. 指定したサフィックスの使い方

ホームページの「住所」のことをURL(Uniform Resorce Locator)といいます。通常、日本の会社のURLは"http ://www .○○○.co.jp/"という形式で記述されますが、すべてを入力するのは面倒です。

以下の操作をすると、アドレスバーに○○○の部分だけを入力するだけで、自動的に正式なURLに変換できます。

追加されるのは、"http ://www ." (プレフィックス) と ".co.jp/" (サフィックス) の部分です。なお、Internet Explorer5 では、サフィックスは ".com" に変換されます。Internet Explorer7では、他のサフィックスも指定できるようになりました。

日本の会社のときは? <Indexに戻る>

まず、Internet Explorer7を起動します。続いて、[Alt]キーを押しながら[D]キーを押すとアドレスバーが選択されます。

アドレスバーが選択されたら、会社名など、たとえば「allabout」と入力します。続いて、[Ctrl]キーを押しながら[Enter]キーを押します。

[Ctrl]キーを押しながら[Enter]キーを押すと、「allabout」が自動的に「http ://allabout.co.jp/」に変換されます。

使用する言語を日本語に設定したInternet Explorer7では、サフィックスは ".co.jp/"に変換されます。他のサフィックスも使いたい場合は、次ページのように設定します。

他のサフィックスも使いたい場合は次ページ>>