Windows Vistaでの操作

セーフモードは新しいデバイスドライバやプログラムをインストールした後に起動できなくなった場合、基本的なサービスのみでWindows を起動し、問題の原因を特定するために使用します。

まず、パソコンの電源を入れます。BIOS(バイオス)のビープ音が鳴ったら、[F8]キー(ファンクションキーの8番)を押します。パソコンの機種によりビープ音が鳴らない場合は、[F8]キーを何回か押してみてください。

しばらくすると、[詳細ブート オプション]が表示されますので、上矢印キーあるいは下矢印キーを使って[セーフ モード]を選択し、[Enter]キーを押します。

[Enter]キーを押すと、Windows がセーフモードで起動します。セーフモードでは、マウス、キーボード、ディスプレイカード、ハードディスク、DVDドライブなどのデバイスおよびドライバのみが使用されます。

ネットワーク接続機能を追加したい場合は、[セーフモードとネットワーク]メニューを選択します。

セーフモードで起動しているときはデスクトップの四隅に「セーフモード」と表示されます。セーフモードを終了するには、Windows を再起動します。

【手順のまとめ】

1)パソコンの電源を入れる。

2)BIOS(バイオス)のビープ音が鳴ったら[F8]キーを押す。

3)[詳細ブート オプション]が表示される。

4)矢印キーで[セーフモード]を選択する。

5)[Enter]キーを押す。

【関連リンク】

UAC機能を一時的に無効にする(Vista)

Windows Vista 最初にする設定 1

Windows Vista 最初にする設定 2

Windows Vista 最初にする設定 3

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。