「常夏」は本当? ハワイの季節

荷物のパッキングや情報収集など、出発日に合わせた旅の準備を始めよう

荷物のパッキングや情報収集など、出発日に合わせた旅の準備を始めよう

「常夏」がイメージのハワイですが、実は夏と冬の季節があり、訪れるシーズンによって海や街の表情、見どころが異なります。また、ハワイの伝統文化にまつわるイベントやアメリカの伝統行事など、旅行者が楽しめるイベントも数多く開催されています。そこで、1年を4つのシーズンに分けて、天候と服装、見どころ、イベント&祝日情報をご案内。そのシーズンならではのハワイの魅力をお見逃しなく!

ハワイの季節・気候と服装アドバイス

「レインボー・ステート」のニックネームをもつハワイ。朝夕にシャワーが降りやすい冬は、虹に出合える季節でもある

「レインボー・ステート」のニックネームをもつハワイ。朝夕にシャワーが降りやすい冬は、虹に出合える季節でもある

 
年間を通して温暖なハワイも、5~9月の夏と10~4月の冬の2つの季節に大きく分けられ、10~2月はシャワー(にわか雨)が多い雨期になります。1年で最も暑い8~9月のオアフ島平均最高気温が31度、最低気温も22度ほどありますが、サラサラとした貿易風が吹いてとても快適。一方、最も寒い1~2月の平均最高気温は27度、最低気温は17度ほど。朝晩冷え込むので、出掛ける時にはトレーナーやカーディガン、長ズボンが必要です。雨期といってもにわか雨が降る程度ですが、稀に1日中雨だったり、強風だったりと不安定な天候が続くこともあります。

基本的に日中は、日本の夏と同じ服装でOK。夏冬にかかわらず、ハワイでは建物内の冷房がきついので、バッグに収納できる薄手のはおり物が1枚あると重宝します。帽子やサングラス、UVカットコスメなど紫外線対策アイテムもお忘れなく。

<関連リンク>

ハワイの冬は泳げる? 泳げない?

ところで、ハワイの冬って泳げるの?と心配になりますよね。確かに、冬場のプールや海は水温が低いので、入水には少々気合が必要。風が吹いたり曇りの日には、プールサイドで寝そべっていても寒く感じることがあります。ただし、最高気温が25度以上の日もあり、時間を選んでプールやビーチで遊ぶには問題なし。プールサイドでは、水着の上にはおるパーカー等があると安心です。

ハワイの祝日に要注意!

ワイキキの大通り、カラカウア通りでパレードが行われる祝日も。レンタカー派は通行止めにご注意を

ワイキキの大通り、カラカウア通りでパレードが行われる祝日も。レンタカー派は通行止めにご注意を

ハワイの祝日には、アメリカの国が定める祝日とハワイ州が定める祝日(プリンスクヒオデー、キングカメハメハデー、州立記念日)があり、州政府、ホノルル市郡政府、企業、学校などそれぞれで休みとする日が異なります。例えば、銀行では国の祝日は休業、ハワイ州の祝日は営業。ザ・バスも祝日によって日曜、または、祝日スケジュールで運行しています。

私たち旅行者が一番気を付けたい祝日は、サンクスギビングデー、クリスマスの2大祝日とイースター。この日はワイキキ以外のショッピングセンター、レストランは休業するところがほとんど。ホテルのレストランに予約が集中するので、早めの予約が必要です。

<関連リンク>