ちょっとお得な列車、ヒースローコネクト

ヒースローエクスプレス
オレンジ色のドアが目印のヒースローコネクト。運賃はエクスプレスの約半額
ヒースローエクスプレスが途中停車なしの「特急」なら、こちらのヒースローコネクトのほうは、途中いくつかの駅に停車する「準急」のような存在です。

■所要時間

ヒースロー空港~パディントン駅間:約30分。

運行は30分に一本、パディントンまでの途中停車駅は、ヘイズ、イーリング・ブロードウェイなど5駅。

■運行時間
ヒースローセントラル駅:始発05:29(日曜は06:13)、最終00:06
パディントン駅:始発04:42(日曜は06:12)、最終23:03

■運賃
コネクトの魅力は、運賃が安いこと。一等車、二等車の区別はなく、ヒースローエクスプレスの約半額です。利用駅により運賃は変わります。
(例)
ヒースロー空港~パディントン駅:片道7.40ポンド、往復14.80ポンド
ヒースロー空港~イーリング・ブロードウェイ駅: 片道6ポンド、往復12ポンド

■空港から市内へ
ターミナル1~3利用の場合は「ヒースローセントラル」駅から、ターミナル4利用の場合は「ターミナル4」駅から乗車します。

上の路線図の通り、ターミナル5には停車しません。「ターミナル5」駅からヒースローエクスプレス(無料)に乗車、「ヒースローセントラル」駅でヒースローコネクトに乗り換えます(乗り換えは同じプラットフォーム)。

パディントン駅電光掲示板
パディントン駅の電光掲示板。ここプラットフォームを確認!
■市内から空港へ
パディントン駅では、エクスプレスとは別のプラットフォームの発着です。大抵は向かって右手奥の10番線以降の発着ですが、常に変動するので、案内カウンターや電光掲示板で確認を。

■コネクト利用のメリットとデメリット
途中停車するイーリング・ブロードウェイ駅は、地下鉄セントラル線とディストリクト線の通過駅である上、プラットフォーム間の段差がなく移動がラクラク! ただし、「コネクト」と地下鉄では共通の乗車券がないので、事前に地下鉄の乗車券またはオイスターカード(※後述)は入手しておくこと。

なお、「コネクト」は普通のローカル列車と同じ車体、しかも空港利用者以外も利用するので、移動が朝夕の通勤ラッシュ時にあたると、大きな荷物を持っている場合には多少不便かもしれません。

【参考】ヒースローコネクト(英語)