16:15~18:00 ロンドン塔とタワー・ブリッジの記念撮影

タワー・ブリッジ
ロンドン塔横の遊歩道からみたタワー・ブリッジ。人気の記念撮影ポイントです
戴冠用の宝石を展示しているジュエル・タワーが大人気の「ロンドン塔」ですが、牢獄や処刑場としての歴史が長く、おどろおどろしい逸話は数知れず。中世の拷問道具を展示する拷問博物館もあるんです。イギリス国内でも有数の心霊スポットでもあるので、「見えちゃう」人は、心の準備をしておいて!

さて、ここで見られるのはロンドン塔だけではありません。ロンドン塔のメイン・ゲートを通り過ぎると、テムズ川沿いの遊歩道に出ます。この遊歩道は、青と白が美しい「タワー・ブリッジ」を眺める絶好のロケーション。

タワー・ブリッジは、現在も現役の跳ね橋です。ラッキーだったら、タワー・ブリッジが上がる場面も見られるかもしれませんね(橋の開閉スケジュールは、公式サイトで公開)。

<DATA>
■Tower of London (ロンドン塔)
開館時間:火~土曜9:00~18:00(冬季17:00)、日・月曜10:00~18:00(冬季17:00) 最終入場はそれぞれ1時間前まで
料金:一般16ポンド

Tower Bridge (タワー・ブリッジ)

18:00~ ディナーやミュージカルへ!

さて、駆け足のロンドン1日観光はここでおしまい。この後は、ゆっくりディナーをとったり、ミュージカルなどでロンドンのナイトライフを楽しんでください。

もし、ロンドン塔付近で軽くディナーを取るなら、タワー・ブリッジを渡ってスグの所にある隠れ家パブ、「アンカー・タップ」がおすすめ。観光地の至近距離にありながら、お客さんはほとんど地元の人ばかり。建物の作りも出てくるお料理も、昔ながらの洒落っけナシの「ザ・地元パブ」です。

<DATA>
■Anchor Tap (アンカー・タップ)
住所:28 Horsleydown Lane, Bermondsey, London, SE1 2LN
TEL:020 7403 4637
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。