Umu外観
久保田一郎総料理長。「男の意地」を魅せます!
ロンドンでミシュランの星を獲得している日本人シェフのお店は、3店。有名シェフの名を掲げてチェーン展開し、当のシェフは不在、というお店も多い中、今回ご紹介する京会席レストラン「Umu」(ウム)は、総料理長の久保田一郎さんが常に前面に立つ、『真の』日本人シェフのお店です。

2004年9月のオープンからわずか5ヶ月、最年少シェフとして一つ星を獲得したUmuは、久保田さんの「男の意地」の結晶。

感動的に美味しく美しいお料理と久保田さんの心意気を、早速ご紹介しましょう!

【INDEX】
入店前から始まる、スペシャルなひととき……P.1
ロンドンでいただく、至福の京会席……P.2
男、久保田一郎の野望とは……P.3

※2008年11月17日現在の為替レートは 1ポンド=約140円

入店前から始まる、スペシャルなひととき

Umu外観
重厚かつ特別感をそそる店構え。至福体験への入り口です
お店があるのは、ロンドンの中心地メイフェア地区の一角。高級ブランド店が並ぶボンド・ストリートからすぐ近くですが、ひっそりとした小道にあるので、ショッピング街の喧噪は皆無です。

お店のある小道、バートン・プレイスを曲がると見えてくるのが、重厚な木のドア。でも、これは普通の自動ドアではないのです。ドアの前に立っても開きません。ドア右側の白いパネルに手を添えるとドアが開くシステムで、ちょっとした秘密クラブ仕様が期待感をそそります。

重厚な木材をふんだんに使ったインテリアは、高級感あふれる、落ち着いた大人の空間。プロフェッショナルな接客も、つかず離れずの心地よさで、「ロンドンのリッチ階層の会員制クラブ」の異名を取るのも頷けます。

>>では早速、