『ノッティングヒルの恋人』恋物語のスタートはココから

Gong
実際は、アンティークやさんです
アナとウィリアムが初めて出会ったのは、ウィリアムの経営する本屋「トラベル・ブック・カンパニー(Travel Book Company)」。この本屋さんとして使われたのが、Gong(ゴング)という名前の、アンティーク家具やさんです。アジアンテイストの家具を扱っています。

なお、映画に登場した本屋のモデルとなった本屋さんが、The Travel Bookshop(ザ・トラベル・ブックショップ)。Gongから歩いてスグなので、ついでに立ち寄ってみてはいかが?ウェブサイトでお店の内部も見られますよ。

<DATA>
  • ゴング(Gong)
    所在地:142 Portobello Road, London W11 2DZ 地図

  • ザ・トラベル・ブックショップ(The Travel Bookshop)
    所在地:13-15 Blenheim Crescent, London W11 2EE 地図
    ウェブサイト:http://www.thetravelbookshop.co.uk/


    ウィリアムとアナがぶつかった、「運命の曲がり角」

    Coffee Republic
    ここでオレンジジュースをぶちまけてしまって……
    ウィリアムの本屋さんから、ポートベロー・ロードを北上して、ウェストボーンパーク・ロードと交わる交差点。ここが、ジュースを持ったウィリアムがアナとぶつかってしまった「運命の曲がり角」です。ウィリアムがアナにオレンジジュースをかけてしまったことがキッカケで、アナはウィリアムの家に行くことに……。

    この角にある、チェーンのコーヒーショップ「コーヒー・リパブリック(Coffee Republic)」は、イギリスのコーヒーチェーン店の先駆者的存在。第1号店は1995年にオープンしました。今ではロンドンのあちこちに見かける便利なショップです。サクサクのトーストサンドがオススメですよ。

    <DATA>
    コーヒー・リパブリック(Coffee Republic)
    所在地: 214 Portobello Road, London W11 1LA 地図


    ウィリアムの家、あの「青いドア」はココ!

    blue door
    左端の黒いドアが、ウィリアムの自宅。ぶつかった曲がり角からは、目と鼻の先
    アナにジュースをかけてしまったお詫びに、「うちで着替えて」と誘ったウィリアム。映画の中でも、「すぐそこだから」と言っていますが、実際に行ってみると、本当にあの曲がり角からは目と鼻の先でした。

    Portobello Star
    ドアの近影。落書きと戦った痕跡が……
    映画の中では青いドアに青い支柱でしたが、現在は黒いドアに白い支柱に変わっています。ドアに書いてある番地も、かなーり控えめ。でも、交差点からはスグなので見逃す心配はありません。

    この青いドアの家は、もともとこの映画の脚本家リチャード・カーティスの自宅だったのですが、撮影直後に売却されました。(ちなみにそのお値段は……130万ポンド。当時のレートでは2億6000万円ほどだったそうです!)

    映画が公開されてからは、ここを訪れる人が後をたたず、落書きなどのイタズラに困った家主さん、オークションでドアを売ってしまったそうです。確かによく見てみると、周りの壁には何度も塗りなおした跡がありました。

    <DATA>
    青いドアの家(The blue door)
    所在地:280 Westbourne Park Road London W11 1EH 地図

    >>さて、次のページでは、ノッティング・ヒルのもうひとつの顔、ロンドンでも有数の高級住宅街を覗いてみましょう。