2号店もオープン!
世界初の「アニエスb. 」カフェ


フレンチスタイルの定番「アニエスb. 」は、日本のみならず、香港でも人気が高いファッション・ブランド。そんなアニエスが世界初のカフェを香港にオープンしたのが、06年10月。コーズウェイベイの一角にオープンしたそのカフェは、内外から一躍注目を集めました。皆さんの中にもすでに行ったことがあるという方もいることでしょう。

話題のカフェだけに、オープンして半年が経ったいまも、ランチやディナーはいつも予約でいっぱい。実際に友人とランチの予約をしようとしたら、5日前にもかかわらず予約が取れない人気ぶりでした。香港には今までなかった“ビストロ風のカフェ”というスタイルも、女性のココロをつかんだようです。

そんな「アニエスb. 」のカフェ2号店が、4月5日、同じくコーズウェイベイにグランドオープン。1号店に続き大人気と聞きつけ、さっそく訪れてみました。

まるでフランスにいるような
2つのおしゃれ空間


店内
1階がショップ、2階がカフェという造り。まさにアニエスb.一色の空間です
今度のカフェは、いわゆるショップ・イン・ショップ。「アニエスb. 」のFEMME(レディース)、HOMME (メンズ)、VOYAGE(バッグなど)が一堂に集まったフラッグシップショップの中にあります。ショップは全部で2フロアあり、広々としたつくり。その2階にオープンした『Le Pain Grille. 』が、今回ご紹介するその2号店です。

店名は、フランス語で“トーステッド・ブレッド”という意味。レイトン・ロード(Leighton Rd.)にある1号店に比べると、こちらはカジュアルな雰囲気です。メニューの内容も少し変わり、それぞれ違った食事が楽しめます。

店内
こちらはダイニングのスペース。シックで淡いライティングが配された、大人の雰囲気
また、店内は2つのパートに分かれています。ひとつは照明を落としたファイン・ダイニングで、ソファ席なども配した大人の雰囲気。もうひとつはカフェスタイルで、白と青の壁に木の床、味わいのあるテーブル&チェアが並んでいます。壁にはモノクロの写真などが飾られ、まさにフランスのカフェのよう。これらのインテリアは、70年代をイメージしているのだといいます。


思わずうなってしまいそうな、オススメメニューをご紹介!>>