香港ファッションの成熟度を証明する
新しいドメスティック・ブランド


香港でショッピング!と聞くと、海外の一流ブランドをイメージする人も多いことでしょう。しかし、香港には海外ブランドだけでなく、魅力的なドメスティック・ブランドも数多く存在しているのをご存知ですか?

OMM店内
ハスの花があしらわれたロゴマークからも「OMM」のコンセプトとセンスの良さが伝わってきます
オリジナルの香港デザイナーが世に話題を提供するようになって、10年ぐらいが経つでしょうか。その間、新しいデザイナーが登場したり、消えたりを繰り返し、香港のファッション業界も次第に成熟してきました。今ではハリウッドのセレブも愛用するなど、世界的に有名な香港ブランドが登場するようになっています。

そして、そんな香港ブランドの成熟度を証明するのが、今回ご紹介する新しいブランド『OMM』です。

アジアの伝統素材をモダンにアレンジ
オリエンタルテイストが魅力の「OMM」


2006年1月にスタートしたこの香港ブランドは、もともとは、「DKNY」や「マークス&スペンサー」などの商品を製造しているアパレルの一大ファクトリーから誕生したもの。その巨大なバッググラウンドを生かして、このたび自社ブランドを立ち上げたというわけです。

“ブッダの手”のTシャツ
宗教的なモチーフも『OMM』の手にかかるとモダンなTシャツに 
「OMM」の“OM”とはヨガなどの発声音を表し、もうひとつの“M”は、瞑想、黙想の意味を表しています。その名の通り、禅やブッタなどをイメージし、オリエンタルなものをモダンにデザインするのがこのブランドのコンセプト。ハンドクラフツや刺繍、タイダイなどでオリエンタル感を出し、ときには中国や日本などの伝統的な衣装を題材にしています。

ファッションから地球環境やエコを考える
“Care about World.”がコンセプト


そして、もうひとつのコンセプトが、“Care about World.”。地球環境の保護やエコが、このブランドの大きなコンセプトになっています。

店内
店内のインテリアにも、木や竹といった天然素材がふんだんに使用されています
まず、「OMM」の商品は、90%が自然素材。オーガニックコットンやバンブーコットンを使ったり、ボタンには、木やバンブー、ココナッツシェルなどを用いて、ナチュラル素材を前面に押し出しています。
また、商品に付いているタグは、ブックマークやポストイット、クリップ、サンドぺーパーなどでできていて、そのまま捨てるのではなく、リサイクルして使えるようになっています。購入した商品を入れる袋は、そのままランドリー袋などに使えるのもユニーク。


「OMM」では、ただ服を売るのではなく、さりげないこだわりを通して、「買ってくれた人にもエコを感じてもらえるように」──そんな願いが込められているのです。


次ページでは『OMM』の秋の新作など、魅力的なアイテムの数々をご紹介します!>>