ハワイ・8月のイベント&セール情報

夏のセールは終盤に。新学期向けのバック・トゥ・スクール・セールを同時開催

夏のセールは終盤に。新学期向けのバック・トゥ・スクール・セールを同時開催

日本の夏休みに入り、ワイキキやビーチ、ショッピングセンターも家族連れの旅行者で賑わう8月。いつもと違う、みんなと違うハワイ旅行を!と思っている人は、イベントに参加してみるのがおすすめです。ローカルと一緒に過ごすハワイを、夏休みの思い出に!

<目次>  

ハワイ 8月の天気・気温と服装

 小さなお子さん連れの場合、日差しの強い12~15時頃のビーチ遊びは、避けたほうがよいでしょう

 小さなお子さん連れの場合、日差しの強い12~15時頃のビーチ遊びは、避けたほうがよいでしょう

平均最高気温が31度台、平均最低気温は23度台と1年で最も暑いシーズンを迎えるハワイ。とはいえ、日本のようにうだるような暑さではなく、貿易風が吹いて湿度が低く、カラッとした暑さです。そのため、ついつい怠ってしまうのが紫外線対策。サングラスや帽子、日焼け止めクリーム(※)をお忘れなく。ハワイ到着後すぐに使用したい場合は、機内持ち込みの手荷物に入れておきましょう。夜の外出、スーパーやレストラン内の冷房対策用に、カーディガンなど薄手の羽織ものも忘れずに。

※2018年5月 ハワイ州議会にて、サンゴ礁にダメージを与える日焼け止めの販売を禁止する法案が可決。法案が施行された場合、2021年1月からオキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めの販売が禁止されることに(参考リンク:ホノルル・スター・アドバタイザー紙記事)。有害物質を含む日焼け止めの使用については言及されていませんが、今後は、天然由来のノンケミカルな日焼け止めを使用することが望ましいでしょう。
 

夏のセールも後半戦へ

アラモアナセンターでもショップ毎に新学期セールを開催。センターのSNSは要チェック

アラモアナセンターでもショップ毎に新学期セールを開催。センターのSNSは要チェック

一般的に夏のセールは、7月4日の独立記念日前から8月中旬頃。7月後半になると割引率は高くなりますが、並ぶ商品に売れ残り感があるのも事実です。8月上旬の週末には、新学期に向けて子供服や文房具がお得になる「バック・トゥ・スクール・セール」が行われるショップもあります。

<関連記事>
ハワイでショッピング!セール時期を一覧で
 

8月の祝日とショッピングセンター営業時間

ハワイの祝日には、ショッピングセンターが休み、または、短縮営業となる日があります。ザ・バス(市バス)も祝日によって、日曜スケジュール、祝日スケジュールと異なって運行しています。詳しくは、ザ・バスのウェブサイトでチェックを。
 

8月の祝日:アドミッション・デー 2019年8月16日(金)

1959年にハワイ州が誕生して60年。1959年はアラモアナセンターがオープンした年でもあります

1959年にハワイ州が誕生して60年。1959年はアラモアナセンターがオープンした年でもあります

8月第3金曜は、ハワイがアメリカ合衆国の50番目の州となった州制記念日で、ハワイ州が定める祝日。1795年にカメハメハ一世が建国してから、約100年続いたハワイ王国。1893年に白人が起こしたクーデターによって、当時の女王リリウオカラニの王位が剥奪され崩壊しました。その後、1898年にアメリカの領土として併合されましたが、正式に州となったのは1959年8月21日です。アドミッション・デー当日、ショッピングセンターは通常営業。
 

ハワイ 8月のイベント情報

8月のイベントをピックアップしました。イベントスケジュールは、予告なしに変更される場合がありますのでご注意ください。

8月のイベントは、こちらも合わせてチェック!  

ボンダンス 6月下旬~8月の毎週末

やぐらを組み、やぐらを組み、紅白幕が張られ、屋台も登場するボンダンス(写真提供:ハワイ州観光局)

やぐらを組み、紅白幕が張られ、屋台も登場するボンダンス(写真提供:ハワイ州観光局)

19世紀後半(明治時代)、当時さとうきび産業が最盛期を迎えていたハワイに労働者として移民してきた日本の人々。遠く離れた故郷に思いをはせて始まった盆踊りが、いつしかハワイの夏の風物詩「ボンダンス」となりました。

ボンダンスのシーズンは、6月下旬から8月。毎週末どこかしらの寺院で開催されており、焼きそばやシェイブアイスなどの屋台も登場します。昭和の香りがする、とてもレトロなボンダンス。開催スケジュールは「オアフ ボンダンス.com」、情報紙「ホノルルマガジン」等に掲載されるので要チェックです!要チェックです!

<8月にホノルルで開催されるボンダンス>
■Koganji Temple(高岩寺) 8月2日(金)・3日(土)17:00~22:00
会場:2869 Oahu Ave.(Googleマップ
TEL:808-732-0446

■Shingon Shu Hawaii(真言宗ハワイ) 8月9日(金)・10日(土)18:30~22:00
会場:915 Sheridan St.(Googleマップ
TEL:808-941-5663

■Jodo Mission of Hawaii(浄土宗ハワイ) 8月16日(金)・17日(土)18:30~21:30
会場:1429 Makiki St.(Googleマップ
TEL:808-949-3995

■Soto Mission of Hawaii(曹洞宗ハワイ正法寺) 8月16日(金)・17日(土)19:00~22:00
会場:1708 Nuuanu Ave.(Googleマップ
TEL:808-537-9409

■Nichiren Mission of Hawaii(日蓮宗ハワイ) 8月24日(土)17:00~21:00
会場:33 Pulelehua Way.(Googleマップ
TEL:808-595-3517

■Kapahulu Center(カパフルセンター) 8月24日(土)18:00~22:00
会場:3410 Campbell Ave.(Googleマップ
TEL:808-737-1748
 

ワイキキ水族館 「ケ・カニ・オ・ケ・カイ」 2019年8月8日(木)

ライブ前にはフードブースもオープン

ライブ前にはフードブースもオープン

ワイキキの東端、ワイキキ水族館で行われる夏のコンサート・シリーズ「ケ・カニ・オ・ケ・カイ(Ke Kani O Ke Kai=海の音)」。毎年6~8月の隔週木曜日に開催。星空の下、芝生に座って人気ミュージシャンのライブが楽しめます。8日は、フラ界の重鎮、クムフラ(フラの師匠)のフランク・カワイカプオカラニ・ヒューエット、ハワイアンミュージック界の大御所 ジェリー・サントスが登場。

芝生広場を含む館内は、禁煙・禁酒。フードブースが出店するため、食べ物や飲み物の持ち込みも禁止されています。背の低いビーチチェアの持ち込みはOK。

<DATA>
Ke Kani O Ke Kai(ケ・カニ・オ・ケ・カイ)
開催日:6~8月隔週木曜 開場17:30、開演19:00
会場:2777 Kalakaua Ave. ワイキキ水族館Googleマップ
TEL:808-923-9741 ext3(月~金曜8:30~16:00)
料金:大人50ドル、5~12歳20ドル
 

コリアン・フェスティバル 2019年8月10日(土)

韓国料理好きには見逃せない本場の韓国フードブースも多数出店

韓国料理好きには見逃せない本場の韓国フードブースも多数出店

ハワイ韓国商工会議所主催で行われる韓国フェスティバル。カルビやトッポギ、マンドゥーなどの韓国料理をはじめ、ダンス、アート、音楽やエンターテイメントを通して、過去から現代にいたるまでのユニークな韓国文化の魅力に触れることができる人気のイベントです。入場無料。

<DATA>
Korean Festival(コリアン・フェスティバル)
開催日:8月中旬土曜11:00~20:00
会場:ヴィクトリア・ワード・パーク(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス19・42番利用
TEL:808-792-9321
 

ハワイアン・スラックキーギター・フェスティバル ワイキキ・スタイル 2019年8月10日(土)

スラックキー・ギターとは、弦を緩めて(スラックして)弾くハワイ独特のギター奏法。ハワイを代表するスラックキーギターの名手たちが集結します。

<DATA>
Hawaiian Slack Key Guitar Festival Waikiki Style(ハワイアン・スラックキーギター・フェスティバル ワイキキ・スタイル)
開催日:8月中旬土曜12:00~18:00
会場:2777 Kalakaua Ave. ワイキキ水族館Googleマップ
TEL:808-226-2697
料金:会場となるワイキキ水族館へ5ドルの寄付を
 

メイド・イン・ハワイ・フェスティバル 2019年8月16日(金)~18日(日)

マカデミアナッツ、コーヒー、チョコレート、クッキーなどの特産物や加工食品、ファッション、ジュエリー、植物、アートといったメイド・イン・ハワイの商品が集結。有名レストランのシェフによる料理のデモンストレーションやハワイのトップ・ミュージシャンによるエンターテイメントも行われるビッグイベントです。

<DATA>
Made in Hawaii Festival(メイド・イン・ハワイ・フェスティバル)
開催日:8月中旬金~日曜 金・土曜10:00~21:00、日曜10:00~17:00
会場:777 Ward Ave. ニール S・ブレイズデル・センター エキシビジョンホール&アリーナ(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス2・13番利用
TEL:808-533-1292
料金:7ドル、6才以下無料
 

デュークス・オーシャンフェスト 2019年8月17日(土)~25日(日)

デューク像周辺のカラカウア通りとワイキキビーチで開催

デューク像周辺のカラカウア通りとワイキキビーチで開催

ワイキキビーチを背にして建つ像、デューク・カハナモクの誕生日(24日)を祝い開催されるフェスティバル。デュークは、ハワイ初のオリンピック金メダリストであり、サーフィンの父と呼ばれ、ライフガードでもあったハワイの英雄です。祝賀イベントやサーフ大会、1つのサーフボードにカップルが乗って優雅なポーズや技術を競うタンデムサーフ大会などたくさんのイベントが行われます。

<関連記事>
伝説のサーファー、デューク・カハナモク像/ホノルル

<DATA>
Duke's Ocean Fest(デュークス・オーシャンフェスト)
開催日:8月下旬土曜から9日間 ※イベントスケジュールは、ウェブサイト参照
会場:ワイキキ カラカウア通りほか
TEL:808-545-4880
保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。