日本とは違う! 海外ホテルの基礎知識

初めての海外旅行でホテルを利用するとき、日本の宿泊施設とは使い勝手やルールが少し異なるので、戸惑うこともあるでしょう。海外ホテルの基礎知識をまとめました。

チェックイン

チェックイン(check in)とは、ホテルに到着したときの所定の手続きをさします。パッケージツアーや団体旅行の際と、個人旅行とでは、手続きの内容やルームキー(鍵)の受け取り方が異なりますし、チェックインカウンターが違う場合もあります。また、海外ホテルではフロントのことをレセプション(reception)と呼ぶのですが、これには人を迎え入れる、寛大に受け入れるという意味があります。

checkin
レセプション前のホテル・ロビーまわり
パッケージツアーや団体旅行では、ホテルのレセプションとは別の場所に、専用のチェックインカウンターを設けているケースもあります。そして旅行会社の現地スタッフが、皆さんの代わりにチェックインの手続きをしてくれるのが一般的。ルームキーを受け取り客室へ赴くと、間もなくして、ホテルのスタッフがスーツケースなど大きな荷物を部屋に運んでくれます。その場合のポータレッジやチップは、ツアー代金に含まれているのが通例です。

個人旅行の場合は、まずホテルのレセプションへリザベーションシート(予約確認書)を提出し、到着の旨を伝えます。宿泊者は、レジストレーションカード(宿泊台帳)にサインをしたり、デポジット(保証金)の代わりにクレジットカードを提示したり、パスポートの提示を求められるなど諸手続きをし、ルームキーを受け取る仕組みです。

ホテルによってはミニバー(客室内にある冷蔵庫)の鍵”ミニバー・キー”を、ルームキーと一緒に、チェックイン時、渡されることがあります。また、高級ホテルに個人旅行をする場合、チェックインを客室内、ないしはエグゼクティブフロアーのクラブルームなど特別にしつらえた場所で行うこともあります。

 

チェックアウト

チェックアウト(check out)とは、宿泊者が利用した代金を精算してルームキー、ミニバー・キーを返却し、客室を明け渡すこと。

チェックアウトの際は、まずルームキーを、ホテルのレショプションないしはキャシャーに返却し、精算内容を告げます。パッケージツアーや団体旅行の場合でも、チェックアウトに関しては、専用カウンターではなくホテル・レセプションで行うのが通例です。

bathroom
忘れ物が多いバスルームやクローゼットを再チェックしよう
ミニバーを利用したら、ミニバー・チャージのリスト表に消費した数を予め記して提出します。また、客室内の固定電話の通話利用料やインターネット使用料も、チェックアウトの際に精算します(一部、インターネット使用料が有料のホテルについては、プリペイド制の場合もあります。インターネットが使い放題(無料)のホテルもあります)。固定電話の通話料は、外線利用に限られます。お部屋同士の利用は請求されません。国際電話、市内通話等、外線の通話先と通話時間が明細に記されたものが発行されますので、よく確認してから支払うようにします。

チェックアウト精算は、現金はもちろん、トラベラーズチェックやクレジットカードも利用できます。現金で支払う場合は、その国の通貨で支払いますが、例えば旅程最終日で、現金の手持ちが少なければ、あらたに両替をするよりもクレジットカードで支払ったほうがお得といえます。大型ホテルの多くはレセプションでエクスチェンジ(両替)を受け付けていますが、銀行や市中両替商より手数料がかかりレートが割高です。

 

チェックイン・アウトの時間について

ホテルでは、チェックイン・タイムとチェックアウト・タイムが定められています。ホテルによって定める時間が異なります。

利用航空便の到着時間等の都合で、所定のチェックイン・タイムより早い時間にチェックインをして客室を利用したい場合をアーリー・チェックインと呼び、追加料金が必要です。また、所定のチェックアウト・タイムより遅い時間にチェックアウトをしたい場合も、レイト・チェックアウトの追加料金が必要です。