文章:森谷 雄(All About「ハワイ」旧ガイド)

ワイコロア
スパ、ゴルフ、ショッピングと優雅なリゾートライフが満喫できるコハラ・コースト(写真提供:ハワイ州観光局)
ハワイ屈指の高級リゾートが連なるハワイ島西海岸、コハラ・コースト。その優雅なリゾートライフのイメージとは一味違う、ハワイ島観光の目玉が島の東にある「ヴォルケーノ」です。

今なお噴火を続けるキラウエア火山は、ハワイで唯一の「世界遺産」。巨大なカルデラ、白煙を上げるクレーター、広がる溶岩の荒野…… 世界遺産で地球の鼓動を体感し、極上リゾートで癒される。そんな欲張りな滞在、ハワイ島ならできるんです。


火の女神ペレが住む世界遺産
ハワイ火山国立公園

ハレマウマウ火口
火の女神「ペレ」が住むと言われる「ハレマウマウ火口」は、直径900メートル、深さ400メートル  「キラウエア・カルデラ」内にあり、トレイルを歩いて火口壁近くまで行くことができる (写真提供:ハワイ州観光局)

ハワイ島東部にある世界遺産ハワイ火山国立公園(HAWAII VOLCANOES NATIONAL PARK 自然遺産として1987年登録)。ここに現在も活動を続けるキラウエア火山があります。見どころは、標高1,200メートルの山頂にある巨大な「キラウエア・カルデラ」と、その内部にある「ハレマウマウ火口」。白煙を上げるハレマウマウ火口は、火の女神「ペレ」が住むと言われる神聖な場所です。

サーストン・ラバ・チューブ
画像をクリックすると拡大します
溶岩の表面だけが固まり、中が流れて出来たトンネル「サーストン・ラバ・チューブ」への入口(写真提供:ハワイ州観光局)
実は、ハレマウマウ火口へは、カルデラの周囲を取り囲む「クレーター・リム・ロード」(1周18キロメートル)を車で走り、駐車場から10分ほど歩くだけで到着。火口壁近くから見学ができるのです。

クレーター・リム・ロード沿いには展望台や博物館のほか、マナ(霊力)が宿るという溶岩トンネル「サーストン・ラバ・チューブ」、巨大なカルデラを眺めながら食事が楽しめる、1846年創業のホテル「ボルケーノ・ハウス」など観光スポットもたくさん。スタート地点には、キラウエア観光の拠点であり、火山の記録映画を上映する「キラウエア・ビジター・センター」もあります。


おススメは、カルデラの底を歩くハイキング
溶岩台地を踏みしめて、地球のパワーを体感しよう! 次ページへ >>