文章:森谷 雄(All About「ハワイ」旧ガイド)

©2003 Third Reef Pictures.
2007年4月28日(土)より、渋谷Q-AXシネマにてモーニング&レイトショー!

ハワイ・ワイキキビーチにホテルが1軒しかなかった頃、海を世界一、愛する人たちがいた──  100年前のハワイを舞台にしたラブ&サーフ・ムービー「ザ・ライド/ハワイアン・ビーチ・ストーリー」が、いよいよ2007年ゴールデンウィークに日本で公開されます。

ロケーションはもちろん、監督、キャスト、スタッフ、音楽すべてがハワイアンによって作り出されたこの作品は、2003年ハワイ国際映画祭で観客賞を受賞。サーフィンの原点とは、アロハスピリットとは何か、そしてワイキキの歴史までも教えてくれるロコが認めた「メイドイン・ハワイ」の映画なのです。


「ザ・ライド/ハワイアン・ビーチ・ストーリー」あらすじ

ザ・ライド/ハワイアン・ビーチ・ストーリー
©2003 Third Reef Pictures.
監督・脚本・製作:ネイザン・クロサワ 出演:スコット・デイビス(デビッド)、シーン・クアワ(デューク)、メリー・パアラニ(レフア)ほか
若くしてサーフィンのワールドチャンピオンとなったデビッドは、メディアやファンにもてはやされてスター気取りに。そんな時、オアフ島ノースショア開催のサーフィン大会に出場。果敢なライディングで会場を沸かせたデビッドだったが、ライバルの乗った波に割り込みワイプアウト。波にのまれて意識を失い、目が覚めると、そこは1911年のワイキキビーチだった。

デビッドを助けてくれたのは、ワイキキのビーチボーイ、パオア。タイムスリップして混乱するデビッドは、パオアとともに行動するが、ある日彼が、後に「サーフィンの父」とたたえられるハワイの英雄・デューク・パオア・カハナモクであることに気づく。

デュークやビーチボーイたちから木製のボードを操るクラシックスタイルのサーフィンを習い、本当のサーフィンの精神を理解し始めたデビッドは、ビーチボーイズの一員として認められるようになる。と同時に、レフアという美しい女性に出会い、2人は一瞬のうちに恋に落ちていくことに。オアフの豊かな自然に抱かれ、2人の心の距離も自然と近づいていく中、デビッドにノースショアのビッグウェイブに挑戦する話が持ち上がる……


「ザ・ライド/ハワイアン・ビーチ・ストーリー」に込めた監督の思いとは?
次ページへ >>