知っておきたい保険、税金、オプション料金のこと

日本で予約せず、現地で借りたレンタカーの精算レシート。レンタル料が3日間で158.97ドル。それにチャイルドシート代、保険、税金226.05ドルをプラス。ほかにガソリン満タン返しの給油代が19.41ドルかかりました

日本で予約せず、現地で借りたレンタカーの精算レシート。レンタル料が3日間で158.97ドル。それにチャイルドシート代、保険、税金226.05ドルをプラス。ほかにガソリン満タン返しの給油代が19.41ドルかかりました

できればお得なレンタルプランを選びたいものですが、料金だけ比較していても判断できません。例えば、リーズナブルな基本プランを選んでも、対人・対物の保障が少なく、追加の保険に加入するのが一般的。こちらは1日約14ドルで、3日間レンタルすると42ドルほど。追加の運転者がいるなら、そのオプション料金が1人につき1日約13ドルで39ドル……と加算されていくのです。

また、上画像のように、日本から予約を入れず現地で借りた3日間の支払い額+ガソリン代と、日本で予約できる同クラスのフルセットプランの料金を比べると、日本から予約する方がリーズナブルという結果に。

保険や必要なオプション料金、税金がどれくらい含まれているかが、お得なプランのチェックポイント。まずは、それぞれの内容を知ることが大切です。レンタルプランに追加したい保険やオプションは、現地ハワイでの申し込み、支払いとなります。 

レンタカー保険の種類と内容

レンタカーで思う存分ハワイを楽しむには、万一の備えとなる保険が必要

レンタカーで思う存分ハワイを楽しむには、万一の備えとなる保険が必要

交通ルールを守り、細心の注意を払って運転していても、事故に遭ってしまう可能性はゼロではありません。保険には必ず入っておきましょう。LP保険はレンタカーを契約すれば自動的に加入となりますが、ほかは任意。加入した場合は、レンタル日数分の保険料がかかります。おもな保険は下記の通りです。

LP:自動車損害賠償保険
すでにレンタカー料金に含まれている対人・対物保険。対人20,000ドル、対物10,000ドルなど保障額が少ないため、追加でSLIの加入は必須です。

LDW(=CDW):車輌損害保障制度
事故、盗難等でレンタカーを破損した場合の修理費を免除してくれる制度。大きな事故のほか、擦ったり当て逃げされたりという場合にも有効です。料金は車種によって異なりますが、1日30ドルほどで大抵のプランに含まれています。

SLI(=LSI):追加自動車損害賠償保険
LPの補償限度額をアップする保険。対人・対物の補償額が1,000,000ドルと大幅にアップするので必ず加入を。1日14ドルほど。

PAE(=PPP):搭乗者傷害保険、携行品保険
搭乗者傷害保険は、ドライバーや同乗者がケガをした際の治療費を一定限度まで負担してくれる保険。携行品保険は、車内の所持品(現金、クレジットカードは含まない)が盗難・破損した場合の保険で、契約者とその家族のみが有効。この2つの保険が1セットで、1日7ドルほど。海外旅行保険やカード付帯保険の傷害保険、携行品特約でもカバーできるので、補償額、保険料などを比較してから加入を。