知っておきたい保険、税金、オプション料金のこと

日本で予約せず、現地で借りたレンタカーの精算レシート。レンタル料が3日間で158.97ドル。それにチャイルドシート代、保険、税金226.05ドルをプラス。ほかにガソリン満タン返しの給油代が19.41ドルかかりました

日本で予約せず、現地で借りたレンタカーの精算レシート。レンタル料が3日間で158.97ドル。それにチャイルドシート代、保険、税金226.05ドルをプラス。ほかにガソリン満タン返しの給油代が19.41ドルかかりました

できればお得なレンタルプランを選びたいものですが、料金だけ比較していても判断できません。例えば、リーズナブルな基本プランを選んでも、対人・対物の保障が少なく、追加の保険に加入するのが一般的。こちらは1日約14ドルで、3日間レンタルすると42ドルほど。追加の運転者がいるなら、そのオプション料金が1人につき1日約14ドルで42ドル……と加算されていくのです。

また、上画像のように、日本から予約を入れず現地で借りた3日間の支払い額+ガソリン代と、日本で予約できる同クラスのフルセットプランの料金を比べると、日本から予約する方がリーズナブルという結果に。

保険や必要なオプション料金、税金がどれくらい含まれているかが、お得なプランのチェックポイント。まずは、それぞれの内容を知ることが大切です。レンタルプランに追加したい保険やオプションは、現地ハワイでの申し込み・支払いとなります。 
 

レンタカー保険の種類と内容

レンタカーで思う存分ハワイを楽しむには、万一の備えとなる保険が必要

レンタカーで思う存分ハワイを楽しむには、万一の備えとなる保険が必要

交通ルールを守り、細心の注意を払って運転していても、事故に遭ってしまう可能性はゼロではありません。保険には必ず入っておきましょう。LP保険はレンタカーを契約すれば自動的に加入となりますが、ほかは任意。加入した場合は、レンタル日数分の保険料がかかります。おもな保険は下記の通りです。

LP:自動車損害賠償保険
すでにレンタカー料金に含まれている対人・対物保険。対人20,000ドル、対物10,000ドルなど保障額が少ないため、追加でSLIの加入は必須です。

LDW(=CDW):車輌損害保障制度
事故、盗難等でレンタカーを破損した場合の修理費を免除してくれる制度。大きな事故のほか、擦ったり当て逃げされたりという場合にも有効です。料金は車種によって異なりますが、1日30ドルほどで大抵のプランに含まれています。

SLI(=LSI):追加自動車損害賠償保険
LPの補償限度額をアップする保険。対人・対物の補償額が1,000,000ドルと大幅にアップするので必ず加入を。1日約14ドル。

PAE(=PPP):搭乗者傷害保険、携行品保険
搭乗者傷害保険は、ドライバーや同乗者がケガをした際の治療費を一定限度まで負担してくれる保険。携行品保険は、車内の所持品(現金、クレジットカードは含まない)が盗難・破損した場合の保険で、契約者とその家族のみが有効。この2つの保険が1セットで、1日約7ドル。海外旅行保険やカード付帯保険の傷害保険、携行品特約でもカバーできるので、補償額、保険料などを比較してから加入を。

レンタカーのオプション料金

ホテルの駐車場代(ワイキキの相場25~55ドル/1日)もレンタル中に毎日発生するものなので、予算計上にお忘れなく

ホテルの駐車場代(ワイキキの相場25~55ドル/1日)もレンタル中に毎日発生するものなので、予算計上にお忘れなく

必要に応じて追加で支払わなければならないのがオプション料金。保険同様、こちらもレンタル日数分発生します。追加運転者登録料については、セットプランに含まれていることが多いので、追加の運転者がいる場合はそちらもチェック。チャイルドシート、ブースターシートは、5日以上利用の固定料金を設けるレンタカー会社もあります。

25歳以下の運転者追加料金
21歳~25歳未満の運転者にかかる追加料金で、レンタカー会社やレンタルする車のクラスによって1日15~35ドル。

追加運転者登録料
契約者の運転者以外にも運転者(25歳以上)がいる場合、1人につき1日約14ドル。

■乗り捨て料金
借りた営業所と異なる営業所に返却する場合に必要。ワイキキ~ダニエル・K・イノウエ空港間で約30ドル、ハワイ島コナ~ヒロ間約85ドルと区間設定があったり、エコノミークラス(車種)以外は無料だったりと、レンタカー会社により異なります。

■チャイルドシート、ブースターシート
1台につき、1日10ドル~。ハワイ州法では、チャイルドシートの着用が子どもの年齢・体格によって細かく定められているので要注意です。基本的に0~4歳未満がチャイルドシート、4歳~8歳未満がブースターシート(=ジュニアシート)。詳しい条件は、「ハワイの交通ルールとマナー」で紹介しています。日本からチャイルドシート等を持ち込む場合は、アメリカの安全基準(FMVSS)を通ったシートでなければなりません。

■カーナビ
日本語のカーナビを用意する会社もあり、レンタル料は1日17ドルほど。Wi-Fi環境があれば、「Googleマップ」で十分対応できます
 

レンタカーにかかる税金

空港使用税がかかるものの、空港出発はなにかと便利

空港使用税がかかるものの、空港出発はなにかと便利

レンタカーにかかる税金は、州税と車両税、車両登録料。州税はレンタル料金(保険、オプション含む)に対して、オアフ島が4.712%、ほかの島は4.166%。車両税は、1日5ドル。車両登録料は、車両によって1日2ドル前後です。さらに、空港内の営業所から出発した場合、空港施設使用料1日4.50ドルのほか、空港使用税11.11%が発生し、車両税以外のすべての料金(州税も含む)に対して11.11%上乗せされることに。

これらは、「らくらく」「こみこみ」といった各社のフルセットプランに含まれているので、特に、空港からの出発を計画している人は要チェック。また、現地でのやりとりや支払いが不安な人にも、すべて含まれたフルセットプランがおすすめです。
 

ダニエル・K・イノウエ国際空港からレンタルする際に知っておきたいこと

カー・レンタル・センターまでは個人用出口から徒歩5分ほど

カー・レンタル・センターまでは個人用出口から徒歩5分ほど

ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港では、レンタカー会社によって営業所の場所が異なります。ハーツ、バジェット、エイビス、ニッポン(ナショナル)、アドバンテージレンタカーは、個人出口を右方向へ進み、柱番号EとFの間にある横断歩道を渡ったカー・レンタル・センター内の各社カウンターへ。ダラー、アラモレンタカー利用者は、個人出口前の横断歩道を中央分離帯まで渡り、右側奥(タクシー乗り場奥)にあるシャトルバス乗り場からレンタカー各社のシャトルバスで移動します。

小さなお子さん連れは、営業所が近いレンタカー会社なら返却時も便利。営業所が離れているレンタカー会社は、レンタル料金が比較的リーズナブルな印象です。


レンタカーの借り方・返し方、給油の仕方、ハワイならではの交通ルール・マナーなど、レンタカー関連情報は、こちらでチェック!>>>ハワイでレンタカー

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。