ハワイでドライブ! まずはレンタカー予約から

好きな時に好きな場所へ行けるのがレンタカーの魅力

好きな時に好きな場所へ行けるのがレンタカーの魅力

レンタカーの料金システムとレンタルプラン、追加でかかる保険やオプション料金、税金など、レンタカー予約にまつわる情報をピックアップしました。お得なレンタルプランを見分けるチェックポイントもご紹介します。

<目次>  

レンタカーを借りる時に必要なもの

ハワイでレンタカーを借りることができるのは、21歳以上(ハーツ、ダラーは20歳以上)。日本の運転免許証、運転者本人のクレジットカードが必要で、25歳未満の運転者には追加料金がかかります。ハワイでは、1年以内の滞在は日本の運転免許証だけでレンタルできますが、英文の国際運転免許証があれば、万一事故やトラブルに巻き込まれた時の対応に安心です。
 

レンタカーの予約方法

予約なしでもレンタルできるが、繁忙期は希望車種が出払っていることも。料金も日本予約に比べ割高

予約なしでもレンタルできるが、繁忙期は希望車種が出払っていることも。料金も日本予約に比べ割高

大手のレンタカー会社は日本に窓口があり、電話、または、各社ウェブサイトから日本語で予約が可能。日本人旅行者向けのお得なセットプランや割引が利用できます。日本で予約をすると、現地では予約確認書、日本の免許証、クレジットカードを提示してサインをするだけでOK。英語での煩わしい手続きを省くことができます。

車種は、目的や人数によって選択を。空港から借りる際は、スーツケースの収納スペースにも気を付けて。大型バンや4WD車は台数が少ないので、日本から確実に予約を入れておきましょう。

<日本で予約できるレンタカー会社>  

レンタカーの料金システムとプラン

レンタル時間を有効に使えるよう、レンタル開始時刻にも気を付けて

レンタル時間を有効に使えるよう、レンタル開始時刻にも気を付けて

レンタカー料金は、レンタル開始時刻から24時間を1日と計算します。基本的に契約日数から1時間でもオーバーした場合は、1日分の料金が発生してしまうのでご注意を。5~7日間のレンタルには、5日借りても7日借りても同一料金のウィークリー料金が適用されます。

レンタカー会社の日本窓口では、最低限の保険が付いた基本プランと、フルカバーの保険、税金、ガソリン代などが含まれたセットプランを用意。支払いもプランによって、円払いのもの、ドル払いのもの、どちらでもOKなものとさまざまですが、一般的に円払いのプランは、申し込み期限が日本出発の6日前など早めの申し込みが条件となります。

料金の目安は、ドル払いの場合、基本プランの小型車で45ドル~/1日、セットプランの小型車が85ドル~/1日(5~7日利用で350ドル~)。これに追加したい保険、必要なオプション料金(25歳以下の運転者追加料金、追加運転者登録料等)、プランに含まれていない税金がそれぞれ日数分と、ガソリン代の精算(自分で給油して満タン返しにするのもOK)が加算されます。