2007年6月28日に開催された第31回世界遺産委員会で、シドニーのシンボル『 オペラハウス 』が世界遺産に登録されました!新世界遺産への登録を祝して『 オペラハウス 』の概要とその魅力、そして知られざる裏側をご紹介いたします。

≪INDEX≫
  • 20世紀を代表する建築オペラハウス、世界遺産登録へ
  • シドニー・オペラハウスの概略
  • 一度落選したデザインが採用に!?
  • 世界から嘲笑を買ったオペラハウス
  • ヨットの帆をイメージしたとされるオペラハウス、本当はみかん?

    世界遺産の仲間入りをしたシドニーのシンボル「オペラハウス」


    20世紀を代表する建築オペラハウス、世界遺産登録へ

    これまでに登録された世界遺産の中では、年代的に最も新しい世界遺産となるシドニーのオペラハウス。オーストラリアにおいては17番目の世界遺産であり、メルボルンの『 王立博覧会ビルとカールトン公園 』に次ぐ、2つ目の文化遺産への登録となります。

    オペラハウスの登録カテゴリーは、文化遺産(i)
    この文化遺産(i)の登録基準、重要性については以下の通り。

    ユネスコ文化遺産への登録基準 by UNESCO世界遺産委員会

    文化遺産(i)
    人類の創造的才能を表す傑作である。



    貝殻をイメージした白いタイルは
    スウェーデン製

    シドニー・オペラハウスの概略

    1956年に行われた公募によって、当時無名だったデンマーク人建築家ヨーン・ウッツォン/Joern Utzonのデザインが採用され、1959年に着工。1963年の完成を目指して工事が進められていたが、その複雑な形状・デザインのため予想以上の出費と工事の遅れが生じ、当初の予定を大幅に上回る10年後の1973年にようやく完成した。

    シドニー湾に突き出した市内で最も風光明媚なベネロン・ポイントに位置し、ヨットの帆を想起させるユニークかつ独創的な外観で、シドニーのシンボルとして国民のみならず世界中の人々から愛されている。また、世界の新七不思議のひとつに推薦され、最終審査に残っている(決定は2007年7月7日)。

    建築期間 :1959-1973年
    設計デザイン :ヨーン・ウッツォン
    高さ :183m
    構造

    :建物面積=1.8ヘクタール(4.5エーカー)、表面に張られたタイル=105万6000枚
    コンサートホール、オペラシアター、ドラマシアター、プレイハウス、エキジビションホール等の他、5つのリハーサルスタジオや展示ルーム、7つのバーレストランで構成


    <アクセス>
    サーキュラー・キー駅/フェリー・ターミナルから徒歩約4~5分。
    Tel: (02) 9250 7111  ボックス・オフィスTel: (02) 9250 7777
    公式サイト:シドニー・オペラハウス/Sydney Opera House(英語)

    次のページでは、シドニーきっての観光スポットでもある新世界遺産・オペラハウスの知られざる裏側に迫ります!