ニコール・キッドマンの結婚式を伝える地元デイリー・テレグラフ紙
先日6/24、今を時めくハリウッド女優ニコール・キッドマンとカントリー歌手キース・アーバンの結婚式が、ここシドニーで行われました!

当日は、メディア各社はもとより数千人もの一般市民も大勢繰り出し、街はもう大騒ぎ。なにせ、ハリウッドの大女優の結婚式がオーストラリアで行われるなどということは滅多にないばかりか、招待客にもハリウッドの大スターの名がずらり! とはいえ、とくに混乱も起きず、祝福ムード満点な中、幸せそうなニコールでした。

ハリウッドを代表するセレブの結婚式。一体どんな感じなのか、ちょっと気になりませんか?

そこで、ガイド宅の近くで行われたオーストラリアを代表する女優ニコール・キッドマンのセレブな結婚式をレポート!ニコール&キースの幸せのウェディング・ベルを聞きながら(実際の2人のウェディング・ベルが聞けます)、幸せのお裾分けをしてもらっちゃいましょう。

≪INDEX≫
  • 結婚式&披露宴は海辺の町マンリーで
  • ハリウッド・セレブ続々!超豪華なゲスト陣
  • パパラッチ対策も万全!? セレブの結婚式事情
  • ウェディング・ドレス
  • ハネムーン
  • ニコール&キースの幸せのウェディング・ベルをお届け!



  • 結婚式&披露宴は海辺の町マンリーで

    セント・パトリック・エステート

    ニコールが結婚式&披露宴の会場として選んだのは、シドニー郊外の海辺の町マンリー。シドニー中心部からは湾を隔てて北に位置するマンリーは、訪れる日本人観光客はまだ多くはありませんが、サーファーとっては結構お馴染みの町。こじんまりとした小さなリゾートといった雰囲気が漂い、眼前に南太平洋が広がる風光明媚なところです。

    マンリーには国内外の著名人も多く住んでいますが、ニコールの住まい(トム・クルーズとの結婚の際に購入)はシドニー中心部に程近いダーリング・ポイントという湾沿いの町。ですので、マンリーまでは結婚式用にリボンがかけられたクリーム色のリムジンで、ハーバー・ブリッジを渡っての移動となりました。

    その海辺の町マンリーの丘の上に建つセント・パトリックス・エステート内の教会が、ニコール&キースの結婚式会場。敷地内からは南太平洋が一望でき、20世紀初頭に建てられた重厚なゴシック調の建築が美しいカソリック教会です。

    この教会は、カレッジに隣接しており、平常時は一般でも立ち入り可能。マンリー周辺の歴史散歩コースにも挙げられているので、ちょっとした散策にもぴったり!本当に気持ちのいい場所なので、シドニー旅行の際には一度訪れてみるのもおすすめです。

    2人はここに家族と親しい友人や知人のみを招待し、教会での挙式の後、そのまま教会前のガーデンに設えられた大テント内での披露パーティーと、意外やシンプルな結婚式だったようです。


    ハリウッド・セレブ続々!超豪華なゲスト陣

    ニコールの結婚式が地元で?
    と報じるマンリーのローカル紙

    本当に親しい友人や知人のみを招待したということですが、ゲストは驚くばかりの蒼々たる顔ぶれ。ヒュー・ジャックマン夫妻をはじめ、ラッセル・クロウ夫妻、ナオミ・ワッツ、ムーランジュのバス・ラーマン監督夫妻など、オーストラリアを代表するハリウッド・セレブが勢ぞろい!(注:ラッセル・クロウはニュージーランド生まれですが、子供の頃に両親と共にオーストラリアに移住。現在はシドニー在住)

    皆、それぞれ各自の自家用車でマンリーに到着しましたが、ヒュー・ジャックマンなどは沿道に駆けつけたファンに窓を開けて手を振る愛想のよさで、おばさま達に好印象だったようです。また、新婦であるニコールもわざわざ窓を開けて、沿道で祝福する市民に手を振るなど、町は始終ハッピーなムードが漂っていました。

    とはいえ、なんたってハリウッドの大スターの結婚式ですから、世界各地から集結したパパラッチの数もハンパじゃありません!次のページでは、そんな目障りな(?)パパラッチを煙に巻くためにニコールが施した策とは? そして女性にはとくに気になる(?)美しいウェディング・ドレスとハネムーンについてもご紹介します!

    >>パパラッチ対策も万全!? セレブの結婚式事情と、ニコールの美しいウェディング・ドレスやハネムーンについて →