最近は、日本でもロハス(Lifestyle Of Health And Sustainability の略)という言葉も定着しつつあるようですし、全国的に健康ブームのようですね!ここオーストラリアもご多分に漏れず、“熱烈”健康ブーム。もともと健康や自然についてはうるさいオージーですから、ブームというより、もう“健康オタク”な感じすらあるほどです。

オーストラリアにおけるロハス

自然の恵み豊かなオーストラリア

ただ、ロハスという言葉は、オーストラリアでは最近ようやく少しばかり聞かれるようになった程度。というのも、この国では自然と共に暮らすことやゆったりスローな暮らしは当たり前。

それに、元々各種製品自体もナチュラルなものが多いので、今さら感があるよう。 いわば、オージーは昔から“まんまロハス”だったとも言えそうです。

とはいえ、最近はオーストラリアでもオーガニック製品が急増中!シドニーやメルボルンなどの都市部では、週末などにオーガニック専門のマーケットも開かれていますし、衣類でもオーガニック素材製品のみを扱ったショップや食料品・日用雑貨を扱うオーガニック専門店も数多くあるので、ロハス志向の人にとっては魅力的なはず。それにオーストラリアは、世界的に評価の高いナチュラル・コスメも豊富なので、女性にとってはとくにうれしいところだと思います。

ロハスとは? by ロハスクラブ

オーストラリアのオーガニック事情

オーガニック製品が増加中

オーストラリア大陸には害虫が少なく、おまけに厳しい検疫のおかげもあって、変な病気や虫害とはほぼ無縁。なので、元々ほとんど農薬や化学肥料を使用しない、つまり有機栽培にほど近いのだとか。こんな事情もあって、近年の世界的なオーガニック・ブームになるまでは、「オーガニック」というもの自体に興味を示す人も少なく、ほとんどその文字=Organicすら見かけませんでした。

ところがここ数年、自由貿易協定締結等で、管理体制に疑問のある中国や東南アジアなどからの輸入食品が増えたことから、食の安全に対する懸念が高まってきていたところ、世界的なオーガニック・ブームの波が到来。ここへきてオーガニックへの関心とニーズがグンとアップし、その製品も急速に増えているというわけです。

オーガニック製品が増えた今、オーストラリアのオーガニックは世界でも注目されています。オーストラリアのオーガニック検査・検定レベルは、世界でも高水準、しかもほとんどの製品がJAS有機認定と互換性があるとか。なので、日本人の私達にとっても安心!

また、ウォーキングやジョギング、ヨガといった運動を日課とする人が多い健康管理にうるさい国民性でもあり、意外やこだわり派の人も多いので、都市部では日常品のほとんどがオーガニック製品で揃うという専門店もますます増えています。

オーストラリアのその他の食品(オーガニック・加工食品) by オーストラリア政府貿易促進庁(日本語)
JAS有機農産物及び有機農産物加工食品とは

そんな中、今回注目するはスーパー・マーケット。最近は一般スーパーでもオーガニック専門コーナーがありますが、そこは店まるごとオーガニック!次ページでは、生活用品ほとんどがオーガニックで揃う、お土産探しにもぴったりなスーパー&デリ・カフェをご紹介します。

>>これぞ、ロハス!店まるごとオーガニック専門のスーパー&デリ・カフェ