幻の生物・ツチノコとはこんな姿?
※この画像はモンスターイラストのフリー素材を配布している『material world』さんからお借りしました。
幻のツチノコ現る !?  …と、まるで川口浩探検隊のような出だしで始まりましたが(笑)、まずは、ワタクシ=オーストラリア ガイド・平野の体験談からどうぞ。

突如現れた未知の生物

それは、ガーデニングの最中、庭に散らばった落ち葉を片付けていた時――

今しがた掃き終わったばかりの木の根元近くで、カサっという音がした。振り返ってみると、1本の枝が落ちていた。太さはちょうど私の腕くらいか?「んもーっ!今掃いたばかりなのに、なんでまたすぐ落ちてくるかなーっっ!(怒)」と、落ちてきたと思われる枝に近寄って、拾おうとしたところ……

ザザァーとその枝が前方に動いた!ギョっとして後ずさりしてしまったが、なぜ枝が動いたのか?、一体何なのか?を確かめるべく、その物体に恐る恐る近寄ってみた!!

すると、そこにあったものは―

長さは約30~40cmほどだろうか?茶色っぽい体、トカゲのようにも見えるが、手足は見えず、太めの蛇のような姿。でも、蛇のように長くはない。そして、なんとも目つきの悪い顔立ち。しっぽの先がキュっと細くなっている。そう、その生物を一目見た瞬間、私の脳裏に浮かんだものは――

ツチノコ

あの未確認生物UMA(ユーマ/Unidentified Mysterious Animal)などとも言われる、幻のツチノコなのか!!???

ツチノコとは?

ツチノコ探検隊で知られる『ツチノコ共和国』さんのサイトによれば、ツチノコとは以下のような生物らしい。

ツチノコの姿は、簡単にいえば、ビールびんに頭としっぽをつけたような太く短いヘビをイメージすればいい。

体長は30~80センチで、胴の直径は7~15センチ。太い胴はやや扁平で、三角形の頭は、大人の指3本で(人差し指、中指、薬指)を並べたほどの大きさ。首があり、細くて粗いしっぽが、尻からチョロッと出ている。体長に大きな幅があるのは、大型種・小型種、子供・大人、雌雄などの違いからくるのだろうか。

体の色は黒、焦茶色・灰色など、背にはマムシより大さい斑紋があり、うろこも粗い。腹は、いわゆる蛇腹で、黄色をしている。

特徴は、簡単にまとめれば、(1)1匹で行動する。(2)昼間行動する。(3)いびきをかく。(4)薄気味悪い目つきで、まばたきをする。(5)胴を張って尾部で垂直に立てる。(6)ころがる。(7)蛇行せず、まっすぐ前後に動く。(8)ジャンプする.(9)毒がある。(10)春から秋に出没する、となるようだ。



※この画像は怖いフリー素材を配布している『恐怖工房』さんからお借りしました。

…ということは、(いびきをかくか、また、毒があるかどうかはわからないが)まさに私がみたものとそっくり!?ジャンプこそしないけれど、動きが結構早い。ツチノコなら、日本で見つけたらナント2億円!という懸賞金が掛けられている村もあるそうな。

>> ツチノコ(?)を激写!突然目の前に現れたこの未確認生物をデジカメで捉えることに成功!!