Part 1
・死者がさまよう夜 ―オーストラリアと幽霊
・シドニー市内の恐怖体験スポット
・シドニーで一番有名な恐怖の心霊スポット
Part 2

・オーストラリア一の幽霊屋敷
・実録!ガイドの身に起きた不思議な現象


シドニー市内の恐怖体験スポット


ここでご紹介するのは、観光でも必ず訪れたりと、誰でもよく知っている有名なところばかり。一度訪れたことのあるあなたにも、霊が忍び寄っていたかも…?

 
 

オーストラリア心霊スポット:シドニー
【ファイルNo.1】

ビクトリア・バラックス

住所:Oxford Street Paddington

1840年代に建てられた、旧イギリス軍(植民地)の宿舎。現在は、オーストラリア陸軍が使用し、一部の建物は無料で一般公開されている。このオーストラリアで一番長い建物と言われるここも、実は有名な心霊スポット。植民地時代、軍法会議にかけられ、罪人となり、自らの命を絶った“チャールズ・クローリー”という軍人が、今でもこの場所に住みついているという―

 
 
オーストラリア心霊スポット:シドニー
【ファイルNo.2】
サー・スタンフォード・プラザ・ホテル ダブルベイ (旧リッツ・カールトン ダブルベイ)

住所:22 Knox Street Double Bay


ここは、オーストラリアが生んだ世界的アーティスト『インエクセス/INXS』の元ボーカル、“マイケル・ハッチェンス”氏が、自らの命を絶った場所。80~90年代に旋風を巻き起こしたインエクセス。なんら自殺をする要因が見つからない彼の突然の死…ゆえに彼も無念なのか、命を絶った524号室には、今でも彼の亡霊が現れるという―

 
 
オーストラリア心霊スポット:シドニー
【ファイルNo.3】
ハーバーブリッジ

住所:Harbour Bridge Sydney


シドニー観光には欠かせないハーバーブリッジも、実は地元では有名な心霊スポット。この橋を建設中、工事に携わった人々の内16人が橋から転落したりして、命を落としている。そのうち“エドワード・アディソン”さんは、落としたスパナーを拾おうとして海に転落、彼の死体は長い間発見されずにいた。彼は亡霊となって夜な夜な現れ、自分の居所を知らせようとしていたとか―

 
 
オーストラリア心霊スポット:シドニー
【ファイルNo.4】
シドニー工科大学

住所:City Campus, Broadway, Ultimo


日本人留学生も多いシドニー工科大学=UTS(University of Technology, Sydneyの略)の建物は、19世紀に公開処刑が行われていた元刑務所…すなわち死刑場跡。トイレに首だけの男の幽霊がでるとか、ある教室では勝手に電気が点いたり、突然ドアが閉まったりするとか、最近ではコンピューターがカチャカチャ勝手に動くなど、様々な目撃情報が後を絶たない―

上記4カ所を含む、シドニー市内周辺部の50カ所以上ある心霊スポット中から、最近の目撃情報が多い場所10数カ所以上を効率よくまわる、ゴースト・ツアーがあるので、それに参加するのがおすすめ!いかにもゴースト・ツアーにふさわしい風貌の(?)アランが、オドロオドロしい60年代の霊柩車(!)で、案内してくれる。

しかも、このツアーは、実際に心霊写真が撮られたり、幽霊を目撃したとか、不気味な気配を感じる人も多く、まさにイワク付きの幽霊ツアー。身も凍るような口上を聞いていると、あなたもとり憑かれてしまうかも??

このツアーに参加した人が撮った心霊写真の一例 ←人の横にオーブが…。
  他にもまだまだあります!ページの下の方に並んでるリンクをクリック !!

デスティニー・ツアー/シドニー・ゴースト・ツアー(英語)
料金 大人/$69 子供/$34.50
催行日 基本的に毎日
ツアー時間
予約

8pm~約2時間半  ライト・リフレッシュメント、霊柩車乗車記念のお土産ビデオ付き
0414 232244 まで電話、もしくはE-mail(英語)でも予約可。要予約

催行 Destiny Tours Sydney
※シドニー市内中心部だけでなく、パラマタ地区などのゴースト・ツアーもやっているので、相談してみて。また、ツアーで使う霊柩車(60年代キャデラック)での貸切&オリジナル・ツアーも可。

注意)この記事内でご紹介しているツアー料金等は、2003/8月現在のものです。

Special Thanks to: Destiny Tours Sydney