今回のブッシュ・ファイヤーは、その後、豪雨に恵まれ(?)、12月10日までに完全鎮火しました!ブルーマウンテン等、郊外の国立公園も、通常通りに戻っています。

クリスマスも近いというのに、現在、シドニー近郊を含む、ニュー・サウス・ウェールズ州の55箇所で、ブッシュ・ファイヤー(山火事)が発生!

とくに、シドニー近郊は、昨年のクリスマスに起こったブッシュ・ファイヤー(*)を上回る規模となっており、高い気温と乾燥した空気に加え、強い風に煽られ、事態は一層深刻な様相を見せている――。

(*)オペラハウス上空など、シドニー市内全体が、ブッシュ・ファイヤーによる黒い煙に覆われたため、ブラック・クリスマスと呼ばれた。

これから年末を控え、シドニーへ旅行される方も多いかと思われるので、現在(12/6)の状況等を速報でお伝えします!
シドニー市内に最も近いところで発生しているライド/Ryde(市内から約10km)では、風向き が変わったため、住宅地にまで火の手が…。

現在シドニー近郊で、ブッシュ・ファイヤーが発生している地区は以下の通り(12/6付けデイリー・テレグラフ紙発表)

・Ryde(シドニー市内北西)
・Oatley Point(シドニー市内南西)
・Picnic Point/Sandy Point(シドニー市内南西)
・Holsworthy(シドニー市内南西)
・Menai(シドニー市内南西)
・Loftus(シドニー市内南西)
・Engadine(シドニー市内南西)
・Barden Ridge(シドニー市内南西)
・Dural(シドニー市内南西)
・Kenthurst(シドニー市内北西)
・Galston(シドニー市内北西)
・Arcadia(シドニー市内北西)
・Fiddletown(シドニー市内北西)
・Maraylya(シドニー市内北西)
・Glenorie(シドニー市内北西)
・Cattai(シドニー市内北西)
・Berowra Heights(シドニー市内北西)
・Ku-ring-gai National Park(シドニー市内北東)
・Cowan(シドニー市内北西)
・Bringelly(シドニー市内南西)
・Brooklyn(シドニー市内北東)


シドニー近郊ブッシュ・ファイヤー発生地区マップ

上記以外にも、ブルーマウンテン地区でも昨年を上回るブッシュ・ファイヤーが発生。現在、ブルーマウンテン方面に向かう道路は閉鎖している。

また、シドニー北部のクーリンガイ国立公園/Ku-ring-gai National Park 周辺や南部のサザランド地区/Sutherlandでも、火の勢いが激しく、風に煽 られてどんどん範囲が広がっているため、シドニー市内から北、南、西へ延びる幹線道路(フリーウェイを含む)は、現在ほとんどが閉鎖。まさにシドニーは今、東側の海を除く三方を火の海に囲まれたような状態…。

さらに南のショールヘブン地区や北のゴスフォード周辺、ハンタバレー周辺でも、昨年の規模を上回るブッシュ・ファイヤーに見舞われており、こうしたブッシュ・ファイヤー発生地区エリアでは、周辺道路の閉鎖や送電線切断による停電など、様々な障害が起こっている。

これにより、現在、郊外への観光ツアー(ブルーマウンテンやポートスティーブンスなどへの日帰りツアーを含む)は催行されていないので、参加予定者は各ツアー会社へ詳細及びツアー催行可否の確認を。

現在NSW州各所で、大規模なブッシュ・ファイヤーが同時に発生しているため消防隊員が不足、ビクトリアや南オーストラリア州からも救援に駆けつけ、消火活動に当たる。でもこれほど規模が大きくなると、完全に消し止めるには、大量に雨が降ってくれないとダメだとも…。

その他、最新情報等は以下のページで確認のこと。

NSW州ルーラル・ファイヤー・サービス(英語)
シドニーモーニング・ヘラルド紙(英語)
デイリーテレグラフ紙(英語)
ABCニュース(英語)

ガイド自宅からも煙が…

太陽が煙に霞んでしまい、
まるで月のよう…(12/5)
西方から押し寄せてくる
黒い煙の帯(12/6)

【関連リンク】
ブッシュ・ファイヤー写真ギャラリー2002 Day1(12/4)
ブッシュ・ファイヤー写真ギャラリー2002 Day2(12/5)
…現在発生中のブッシュ・ファイヤーの写真を公開 by ABC News Online

※最新情報等はメールマガジンでお知らせしています。(下のフォームからお申し込みいただけます)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。