サヴォイア王家御用達の老舗 ストラッタ

torino7

見てるだけで楽しくなる名物のボンボン♪

torino8

イースターの時期は卵型のチョコで溢れる店内

広大なサン・カルロ広場に面したストラッタは、1836年創業の老舗。イタリア語では、コンフェッテリアと呼ばれる「ご贈答用お菓子屋さん」で、クラシックな店内には、見た目にも美しい、見ているだけで幸せ気分にならる可愛らしいお菓子がぎっしり。

特に、有名なのは「Bonbon della nonna ボンボン・デッラ・ノンナ」。自然のハーブエキスなどを使った、カラフルな砂糖菓子で、常時70種類以上ものフレーバーが並びます。150年以上変わらない製法で作られるボンボンは、まさに優しいおばあちゃんの味。好きなフレーバーを選んで、箱詰めにすれば、美味しい宝石箱の出来上がりです。

 

torino1

美しいボンボンで知られるストラッタ

もちろん、老舗の味を伝えるチョコレートもあります。種類豊富なプラリネを始め、さまざまなチョコレートが揃っています。

<DATA>
■Stratta
住所:Piazza San Carlo, 191
TEL:+39-011-547920
営業時間:10:00~13:00、15:00~19:00
定休日:日・月(午前)
アクセス:サン・カルロ広場回廊内

トリノ名物グリッシーニ×チョコ ジェルトーシオ

torino10

トルタ・サバウダが有名だけど、グリッシーニ×チョコもお土産にぴったり

チョコレートケーキの「Sabaudaサバウダ(サヴォイア王家のチョコレートケーキ)」が有名な「ジェルトーシオ」は、トリノ人に人気のパスティッチェリア・バール。1860年頃に創業したチョコレート屋を改築し、1960年代から営業を続ける老舗です。

torino11

チョコを練り込んだパスタ…なんかも

トリノの郷土パン「グリッシーニ」に、チョコレートを絡め、ピエモンテ州名産のヘーゼルナッツをトッピングした「ルバタ・アル・チョッコラート」も人気商品のひとつ。チョコレートを練り込んだパスタや、定番ジャンドゥイアなど、チョコレート系のお土産が見つかります。

<DATA>
■Pasticceria Gertosia
住所:Via Lagrange,34/h
TEL:011-5621942
営業時間:8:00~19:30、日~13:00
定休日:月・日曜午後
アクセス:サン・カルロ広場からラグランェ通りに入り、ポルタ・ヌォーヴァ駅方面に約200m

トリノのチョコレートの歴史を垣間見られる ファティッシュ

torino12

濃厚なチョコスプレッドははまります

1910年創業の「パスティッチェリア・ファティッシュ」は、ムラーノガラスのシャンデリア、大理石のカウンターを残す老舗。店舗に続く工房には、数世紀前から使用する機器が残り、今でもチョコレート職人さんたちが丁寧な手仕事で、美味しいチョコレートを製造しています。

美しいレースのようなチョコレートのデコレーションを添えたケーキ、滑らかな口当たりのプラリネなど、印象に残るクオリティのチョコレート製品がありますが、おススメは、チョコレート・スプレッド。有名なヌテッラもよいですが、伝統職人の技が光るクリーミーなチョコレートは、リピートしたくなる程衝撃的な美味しさです!

<DATA>
■Pasticceria Pfatisch
住所:Via Sacchi, 42
TEL:+39-011-568-3962 
営業時間:8:30~13:00、15:30~19:30、日8:00~13:00(ただし、10月~5月中旬まで午後もオープン)
定休日:月
アクセス:ポルタ・ヌォーヴァ駅を正面に見て右手、サッキ通りに入り約500m

トリノには、カファレル、ゴッビ、バラッティなどを始めとする日本でも知られるチョコレートブランドがたくさんあります。あえて、地元の人にも人気のある穴場店をご紹介しました。道を歩けばチョコレート屋さんに当たる……ほどあるトリノのチョコレートショップ。ぜひチョコレートめぐりを楽しんでください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。