ニューヨークを舞台とした『ただ、君を愛してる』

去年の今頃、知人から日本映画のニューヨークでの撮影でエクストラを募集していると聞き、エクストラとして撮影に参加したことがありました。その映画が今回『ただ、君を愛してる』となって完成&公開しました。

実際の映画では、クリスマス時期のニューヨークの風景がきれいに映されていて感動。ニューヨークの美しいクリスマスを知るための映画としてぜひお勧めしたいと思い、今回ご紹介します。

さて、映画の中で私の姿が確認できたかというと……残念ながら一回見ただけではよくわかりませんでした。DVDが発売されたらまた確認してみます(!)

ただ、君を愛してる
ニューヨークが印象的に描かれた映画、『ただ、君を愛してる』
『ただ、君を愛してる』
[監督]新城毅彦
[原作]市川拓司
[製作]樫野孝人ほか
[脚本]坂東賢治
[音楽]池頼広
[主題歌]大塚 愛
[出演]玉木宏 宮崎あおい 黒木メイサ 小出恵介 上原美佐 青木崇高 大西麻恵

2006年/日本/116分

公式サイト:http://www.aishiteru.jp/

人を好きになる純粋な思いを思い出させる映画

ロックフェラーセンターのスケートリンク
クリスマスの灯りが煌くニューヨークで誠人と静流は再会できるのだろうか?Copyright Bart Barlow/NYC & Company, Inc.
映画は主人公の誠人(まこと、玉木宏演)が、大学時代の友人静流(しずる、宮崎あおい演)の手紙を持ってクリスマス時期にニューヨークを訪れるところから始まります。

ストーリーは誠人と静流の出会い、静流が写真を通して誠人に惹かれていく様子、森での初めてのキス、と展開し、突然静流が誠人の前から姿を消してしまい……意外な方向に進んでいきます。ここから先のストーリーは映画を見てのお楽しみ♪

映画を見て、ニューヨークに行ってみたくなった人に、またニューヨークのことをもっと知りたくなった人に、映画で出てきたロケ地のスポットをご紹介します。ぜひ自分の目で見て、自分の足で訪れてみてください。

次ページはニューヨーク1の夜景スポットをご紹介