厳選! ニューヨークの観光名所

ただ街歩きをしているだけでも、街の美しさ、個性的な人々に触れることができて楽しいニューヨーク。暮らすようにただ滞在するのもいいけれど、初めて訪れるニューヨークなら、やっぱり有名な観光スポットを巡ってこの街を知るのがいいでしょう。歴史的建造物から、摩天楼を眺める絶景スポットまで、様々な角度からニューヨークの魅力を体感できますよ。今回は、“ニューヨークといえば……”という王道の観光地をカテゴリ別にピックアップ。

歴史的建造物を巡る!

近代ビルとのコントラストが美しいグランドセントラル駅外観
新しい近代的ビルと戦前に建てられたクラシックなビルが調和して、独特の美しさを醸し出すニューヨーク。その一つひとつに、時を刻んだエピソードが詰まっています。観光スポットのなかでも、そんなニューヨークの歴史を物語るクラシックなスポットを選んでみましょう。見て楽しむだけでなく、この街について学べるのもポイントです。

歴史的建造物1 自由の女神

ニューヨークの象徴ともいえる女神を仰ぎ見て
ここはいわずと知れた、ニューヨークの象徴ですね。アメリカの独立100周年を記念して1886年に建てられた女神像は、マンハッタンからフェリーで10分ほどのところにあるリバティ島に位置しています。リバティ島に行くには、フェリーのツアーに参加します。マンハッタンの南端にあるバッテリー公園から自由の女神像行き特別フェリーには、エリス島にある移民博物館(Immigration Museum)の入場も含まれています。代金は大人12ドルですが、王冠部の展望台にアクセスするには、さらに3ドルが追加で必要です。週末は大変混み合うため、あらかじめオンラインで予約をするのが確実。

<DATA>
Statue of Liberty(自由の女神像)
住所: National Park Services Liberty Island
TEL:212-363-3200
営業時間:8:30~18:15 ※季節により異なる
アクセス: South Ferry駅からフェリー乗り場まで徒歩1分
入場料(フェリー代含む): 12ドル、王冠部へのアクセスは追加3ドルが必要

 

歴史的建造物2 トリニティ教会

界隈のビジネスマンにとっての憩いの場
1846年に建てられたネオゴシック建築が美しい教会。クリスチャンでない人も、その荘厳な内部に入った瞬間に心が洗われるような感覚に包まれるはず。祭壇上部のステンドグラスは、溜め息がもれるほど繊細な光を放ち、見ていて飽きません。お昼の定期コンサート「コンサート・アット・ワントリニティ」では聖歌隊の美しい歌声も鑑賞できます。またクリスマスシーズンの12月には、ヘンデルによる「メサイア」など特別コンサートも開催されるので、お見逃しなく。

<DATA>
Trinity Church(トリニティ教会)
住所: 74 Trinity Place
TEL: 212-602-0800
営業時間:7:00~18:00、8:00~16:00(土、日)
アクセス: Wall Street駅徒歩1分

 

歴史的建造物3 グランドセントラル駅

駅構内にプラネタリウム?
古典建築のボザール様式で建てられた趣のあるグランドセントラル駅。構内中央部にあるメインコンコースは、天井高45mという、迫力のアーチ型スペースとなっています。天井には星座が描かれており、プラネタリウムのよう。大理石の床といい、クラシックな趣といい、レトロな旅情をたたえた駅といえます。フードコートにはバラエティ豊かなフードが並び、構内レストラン「オイスターバー」は観光地としても有名。フレッシュな牡蠣とクラムチャウダーを試してみては?

<DATA>
Grand Central Terminal(グランドセントラル駅)
住所: 87 East 42nd St
TEL:718-330-1234
アクセス: Grand Central駅下車、構内コンコースへ

 

歴史的建造物4 ダコタハウス

セキュリティが厳しいので、静かに見学を
1884年に建てられた超高級レジデンスビルディンクのここは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコがかつて共に暮らした場所、そしてジョンが射殺された場所として有名です。フレンチルネッサンスの建築は、馬車が通ることを配慮したエントランスを設けたりと、貴族的な雰囲気。プライベートな建物なので、ドアマンが目を光らせており中に入ったりはできませんが、外観だけでも威風堂々たる佇まいを見る価値はあります。近くにあるセントラルパーク内のストロベリー・フィールズ(ジョンの名曲にちなんだメモリアル碑)とともに、訪れてみましょう。

<DATA>
■The Dakota House(ザ・ダコタ・ハウス)
住所:1 West 72nd Street
アクセス: 72nd Street駅徒歩6分

 

歴史的建造物5 国連ビル

社会見学気分で、新しい発見がありますよ
「UNビル」として親しまれている国連(国際連合)の本部。日本語によるツアー(45分間)もあるので、知られざる歴史とともに、会議場などの国連内部をじっくり見学したいもの。写真展などの展示も行われており、国際平和のため新たなイニシアティブが期待される国連の活動について知ることができます。館内にはカフェやギフトショップもあり、オリジナルのTシャツやトートバッグは珍しいお土産としておススメ。

<DATA>
The United Nation(国際連合本部)
住所:First Ave (at 46th St)
TEL:212-963-8687
アクセス: Grand Central駅徒歩8分
時間:9:45~16:45 ※日本語ツアーの有無は当日か前日にTELで要確認
ツアー料:12.50ドル