ショーウィンドウにはハロウィンにちなんだ飾り付けが一杯

ハロウィンのケーキ
ハロウィンにはこんなケーキを食べてみたい♪
アメリカで毎年10月31日はハロウィン。夏の終わりの日として、仮装といたずらを楽しむ日です。

死後地獄と天国の間を彷徨う「ジャック・オ・ラターン」の伝説から、かぼちゃを人の顔の形にくり貫いたものが、ハロウィンにつきもの。その鮮やかなオレンジと黒がハロウィンの代表カラーです。お菓子屋さんやデパートなどのショーウィンドウにはハロウィンの飾り付けがされ、秋の深まりを感じる時期になります。子供達にこわいお化けの話を聞かせるのもこの時期です。

アメリカにこの時期行くなら、ハロウィンにちなんだキャンディやかぼちゃの置物などをおみやげにすると喜ばれると思います。

ハロウィンの雰囲気を盛り上げる映画

スリーピィ・ホロウ
ニューヨーク地方の伝説に基づくスリーピィ・ホロウ
ハロウィンの時期にぜひ見て欲しい映画が、ジョニー・デップとクリスティーナ・リッチが共演した『スリーピィ・ホロウ』です。首無し騎士がスリーピィ・ホロウの住人達を次々と殺したという伝説をもとにして作られた映画で、ちょっぴり怖いながらも、ジョニー・デップがユニークな探偵役をうまく演じていてエンターティンメント性もばっちり。ダーク・ファンタジーを撮ることにかけては有名なティム・バートンならではの傑作です。

実はこのスリーピィ・ホロウ、実在する村で、ニューヨークから車でも1時間ほど。首無し騎士の伝説をもとにしたツアーが催行され、グッズもギフトショップにてたくさん見つかります。ハロウィンに凝っている人にぜひおすすめの村です。

『スリーピィ・ホロウ』
[Sleepy Hollow]
《キャスト》 ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ、クリストファー・ウォーケン
《監督》ティム・バートン
2000年/アメリカ/105分
Amazon紹介ページ:『スリーピィ・ホロウ』

『スリーピィ・ホロウ』 村の関連イベント

次ページは「ニューヨーク・ハロウィンパレード」をご紹介