ブッシュ大統領が駐在員の妻も働くことを認めた?!

ブッシュ大統領は2002年1月から、国際企業の駐在員と貿易・投資家の配偶者が米国内で就労しても良いことを認めた。 現在、EビザやLビザ保持者の配偶者の就労が認められている。

とはいえ、駐在員の妻で働いてるという人は珍しい。それは、ご主人の会社側が(暗黙の了解のようだけど)認めないということも多いようだ。海外出張してるおかげで家族手当をいただいてれば、そりゃー会社には逆らえない。

それでも今回、駐在員の妻でありながら、ニューヨークでキッチン用品をプロデュースしている会社OXO(オクソー・インターナショナル)で仕事をはじめた福山紫乃さんにインタビューした。彼女は日本での実務経験を生かして、現在、日本市場のマーケティングを担当している。


OXOのオフィスはスタイリシュだと注目されているエリア、チェルシーにある。

紫乃さんは、ニューヨークへ夫が転勤になると知ったとき、彼女自身も日本で仕事していたので、単身赴任させようかとも考えたそうだ。なんてったって、彼女の華々しい仕事ぶりは、ただのOLではなく、まさしく日本のビジネスウーマン!

キリンビール?の商品開発グループにてスーパードライの対抗商品として「キリン一番搾り」を開発し、社長賞を獲得したり、広告代理店電通アイにてマーケティング担当、コカ・コーラ ジャパンでは乳性飲料・日本茶ブランドマネージャー、その他、大手企業を渡り歩いていた。


「夫が4,5年以上はニューヨーク勤務になるってわかって、それだけ期間があるなら私もニューヨークで働けるし、それもいいかなって思ってニューヨークへついてきたの。」

ニューヨークでの生活が始まると、すぐに就職斡旋会社(エージェント)に面接に行くという行動派。日本では外資系の企業に勤めていたので、英語も日常会話は難なくこなせる。

「それでもビジネスともなると、ちょっと苦労してるかも。今の会社でも専門的な英語を使うから、こちらのエンジニアにこういう風に作ってと説明するのは大変。」