ニューポートは、1820年代からアメリカのお金持ち達に愛されたリゾートで鉄道王、バンダービルトの建てた豪華なマンション(邸宅)、ヨットレース・アメリカズカップまたJ.F.ケネディが結婚式を行い、夏のホワイトハウスといわれていたことでも有名です。その魅力にとりつかれて既に5回も旅行しているガイドよりニューヨークやボストンからイチオシの小旅行としてのニューポートを3回のシリーズにてじっくり紹介します。第一回の今日はニューヨークからのアクセス方法、豪華邸宅(マンションズ)、その他のみどころのご案内です。

アクセスロードアイランド州ニューポートはボストンから南に車で2時間、ニューヨークから東に車で2時間半の距離にあり、車以外では列車・バスにてアクセス可能です。列車アムトラック だとキングストンという駅で降り、タクシーで30分くらいです。ニューポートに直接乗り入れ、かつ安く行けるのはバスです。ボナンザバスアドベンチャーイーストバス の2社のバス会社がニューヨークから出ています。ただ多くの駅に停車するため時間はかかることは覚悟してください。バスで到着するのが、ゲートウェイインフォメーションセンター。ここで観光に必要なパンフレットなどが全て入手できますし、5月から10月にかけて運行されるトロリー の出発場所になります。市内のアトラクションはこのトロリーにて回ることができます。このビジターセンターからマンション群までは歩いて30分くらいですが、手っ取り早く回りたい人にはバイキングツアー社 の各種のツアーがお勧めです。

豪華邸宅
ニューポート最大のアトラクションは19世紀の終わりから20世紀の始めにかけて億万長者がこぞって建てたマンション群。ニューヨークに住んでいた彼らは夏の間、船でニューポートに来て夏の間をコテージといわれる別荘でバケーションを楽しみました。そのニューポート・マンションズ でも一番有名なのが「ザ・ブレーカーズ」。鉄道王バンダービルトは、1893年にイタリア・ルネッサンス様式の宮殿をモデルに23のバスルームを含めた70もの部屋がある、11エーカー(13700坪)の敷地に建つニューポート一の邸宅を建てました。このブレーカーズにはふんだんに大理石が使われ、圧巻なのが中央のグレードホールで正面に大西洋を見渡すことができ、天井は7.5メートルにも及びます。その他朝日を浴びるためだけに作られたモーニングルーム、天井と床のモザイク以外全てが大理石からなるジェントルマンズルーム、34人が一同に食事ができるブレックファーストルーム、その他ミュージックルーム、ライブラリー、ビリヤードルームなど当時の豪華な生活を偲ぶことができます。