京都での紅葉の楽しみ方は、色々あります。今年は、手入れされたお庭の紅葉をお抹茶とお菓子で楽しんでみませんか。歩き疲れたら、お寺でほっこりと紅葉狩りを!

【contents】
■ガイドお奨めの紅葉スポット・大原の里……P1
■額縁庭園で紅葉とお抹茶・宝泉院……P1
■桜と紅葉?欲張りなお庭でお抹茶を・実光院……P2
■緑の絨毯に紅葉の模様を・三千院……P2
■大原のおみやげもん……P3

ガイドお奨めの紅葉スポット・大原の里

紅葉をお抹茶とお菓子で
参道横は、楓で覆い尽くし艶やかな赤色を見せてくれます
大原は、洛北の地にある静かな場所です。紅葉の大原の里は、大変素晴らしく里全体が紅葉に包まれます。所々に茅葺き屋根が混じっていたりし、どこか懐かしい風景を見ながら涼秋を楽しめます。

もしタクシーや車で大原に出向くならば、できるだけ徒歩で散策される事をお奨めします。三千院の近くに駐車場は、幾つか有りますが、歩く元気のある方は是非、参道の脇に流れる何気ない小川に覆い被さる楓の紅葉や秋色の空と山がバックに映える茅葺き屋根などの風景を楽しんでください。大原の里の何気ない紅葉もお奨めです。

額縁庭園で紅葉とお抹茶を・宝泉院

紅葉をお抹茶とお菓子で
秋の季節は、人も多くなかなか後方よりのぞき込むのが難しいかも・・・。
三千院を通り過ぎ、紅葉の参道の突き当たりにある天台声明の根本道場として開山された天台宗・勝林院。その子院が、宝泉院です。勝林院の住職の坊として平安末期の寿永2年(1183)にはじまります。しかし、現在の建物の形式からして江戸時代の初期とされています。

ここは、小さな庭に沢山の見所があるお寺です。まず最初に門をくぐると樹齢700年の近江富士に見立てた五葉松が出迎えてくれます。額縁庭園、鶴亀庭園、関ヶ原の合戦前に伏見城にて鳥居元忠が、豊臣の大軍と戦い自刃した場所のものを天井にした血天井などもあります。
紅葉をお抹茶とお菓子で
赤い毛氈の上で、さっぱりしたお菓子とお抹茶は、ほっこりします。個人的に一番好きなお菓子でした
ここ宝泉院は、柱と柱の空間を額に見立て観賞する額縁庭園で、景色を眺めながら一服できます。見る方向によって全く風情の違う庭を観賞できます。秋の紅葉の季節は、色づいた大原の里がバックに見ながらお庭の楓達を見るのもよし、緑の竹林をバックに紅葉を楽しむの良し、どちらを見ても落ち着きます。

そもそも、額縁庭園は後方より眺めて全体的に見た方が、一層情緒ある庭を楽しめます。一服した後は、後方より観賞してください。しかし、人が多いと赤い毛氈の前に人だかりとなってしまうため、比較的人が少ない夕方近くなどに訪れるのがよいかもしれませんね。

■宝泉院

所在地:京都市左京区大原勝林院町187番地
TEL:075-744-2409
拝観時間:9:00~17:00 秋の特別拝観「秋の夜灯り」2007年11月9日~12月2日
17:45~21:00(閉門)受付20:45まで
HP:http://www.hosenin.net/
交通・アクセス:京都バス「大原停」下車より徒歩10分、
地図:Yahoo!地図情報

次は、「桜と紅葉?欲張りなお庭でお抹茶を・実光院」と「緑の絨毯に紅葉の模様を・三千院」です。