都心に暮らすように滞在(フレイザープレイス・ホフ新宿)

眺望
周囲に高い建物がないので、新宿の高層ビル群を一望できる部屋も。

シンガポールに本社を構え国際的に「サービスアパートメント」を展開している「フレイザーグループ」初の日本進出となったのが「フレイザープレイス・ホフ新宿」です。イーストタワーに個性的なデザイナーズユニットを含む175室、ウェストタワーに209室を有し(2008年12月現在)、1泊~長期滞在まで幅広いニーズで利用が可能です。

最寄のJR大久保駅からは、徒歩3分程度。新宿駅までも歩いて約15分と至便なアクセス環境にあります。部屋の向きによっては新宿の高層ビルを見渡すことができる好立地。もちろん周辺にはコンビニやドラッグストア、百貨店も含むショッピング施設や、飲食店、エンターテイメント施設などもあるので、滞在中に不便を感じることはまずないでしょう。

1ベッドルームデラックス
ベッドルームとリビングダイニングが独立したタイプの部屋なら、子連れで長時間室内で過ごすのも快適(写真は「1ベッドルームデラックス」)。
元々がホテル(旧・ホテル海洋)だった建物を利用しているため、造りも重厚で、天井も高いのが特徴です。客室タイプは実にバラエティに富んでおり、シングルユースのものから大人6人でも泊まれる3ベッドルームまで、シンプルなタイプの部屋の他に、個性的な造りの客室もあって実にユニークです。

例えば、赤ちゃんまたは幼児連れの親子3人の場合、「1ベッドルームデラックス」(写真右)ならキングサイズのベッドがひとつ、これでも川の字で3人が寝られそうですが、予約すればベビーベッドのレンタルも可能です(※数に限りがあります)。ベッドルームとキッチン&リビングダイニングがそれぞれ独立したスペースとなっており、ホテルだったらスイート並のこの広さのお部屋でも、1泊 26,250円 (税金5%、サービスチャージ10%、宿泊税別/2名まで)と、都心のホテルと比べてもかなりなお値打ち価格。さらにお得な連泊プランも用意されています。

カフェでは朝食にパンや飲み物、ヨーグルト、ハム、シリアルなどのコンチネンタルブレックファーストの無料サービスもありますが、キッチンのある客室なら食事は外食せずに部屋で済ますこともできるため、食費面でも出費をおさえ、栄養バランスを崩さず生活できるのもうれしい点です。

「サービスアパートメント」ならではのステイを楽しみたい

カフェラウンジ
滞在中は自由に使えるカフェラウンジは、朝は朝食会場としても使用。インターネットステーションも併設しています。
客室のみならず、共有スペースにある滞在者専用のスポーツジムやカフェラウンジ、インターネットステーションなども利用OK(子供は保護者同伴で利用)。清掃やタオル・アメニティの交換などもあるのでホテルのような快適な滞在が楽しめます。

部屋にはホームシアターサウンドシステムや大型液晶テレビ、iPodドック付目覚まし時計など、こだわりの設備も。さらに眺望も抜群なイーストタワーの上層階(20・21階)には、気鋭の建築家による独創的なデザイナーズルームも用意されています。上質で個性的なインテリア空間は、「結婚記念日」や「誕生日」など特別な日を演出するのにもおすすめ。

スタジオの小さい部屋にはキッチン、洗濯機などがないものもありますが、電子レンジ、冷蔵庫、ポット、金庫は全室に用意されているので、まさに別荘感覚といった居心地の良さ。キッチンには食器や調理器具も揃っているので、ママやパパの手料理で家族団らんを楽しむのもいいですね。加湿器やコーヒーメーカーをはじめ、子連れにはベビーチェアやベビーおまるなど、便利な貸出し品もあるので上手に利用したいところです。

暮らすように滞在できるのに、ホテルライクなサービスも・・・、こんなサービスアパートメントなら「子連れ旅行」にもピッタリだと思いませんか?

デザイナーズルーム
スタイリッシュで個性的なデザイナーズルームも人気。
キッズルーム
ウェストタワーのラウンジの一角にはキッズルームも完備。

予約はインターネット上からも可能ですが、客室タイプに細かな希望があれば直接電話で相談したほうが分かりやすいと思います。

料金は週末はもちろん、年末年始やGW、夏休みなども同一料金。割高になるピークシーズンなども気にせず、皆の予定に合わせて好きな時に予約できるというのも、快適な旅の重要なポイントの1つと言えるでしょう。

【DATA】
フレイザープレイス・ホフ新宿

・住所:東京都新宿区百人町2-27-7
・地図:Yahoo!地図
・TEL:03-5925-3111

【関連】
サービスアパートメント(All About)
子連れにおすすめ!?都心のビジネスホテル

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。