海
夏本番!水辺のレジャーを楽しむために安全対策もしっかりと。
いよいよ夏本番! 今年も海や川でのレジャーを予定されているご家族も多いことでしょう。しかしその一方で、毎年この季節には悲しい水難事故も後を絶ちません。ちょっとした不注意から事故につながるケースも少なくなく、このような悲劇を起こさないために、私たちはどんなことに注意したらよいのでしょう。

■悲劇を起こさないために守りたい5つの約束
もしも何かがおきてしまったら

悲劇を起こさないために守りたい5つの約束

■1:遊泳禁止区域では絶対に泳がない
~離岸流って何 !?~
フラッグ
カラーフラッグ(旗)は今日の海が遊泳可能かどうかを知らせています。
海や川の「遊泳禁止区域」となっているエリアには、決して近づかないようにしましょう。川の流れが激しかったり、波が高かったりと、誰もが危険を感じやすい場所であれば人は自然と近づかないものですが、見た目に分かりづらい危険に対しては無防備になりがちです。一見穏やかに見えるような「遊泳禁止区域」でも、水深が急に深くなっていたり、海では事故の原因となりやすい「離岸流(波によって生じる、岸(波打ち際)から沖に向かって流れる強い海流)」があったりと、そこには確実に危険が潜んでいるのです。釣りなどのマリンレジャーを楽しむ時にも、常に最新の気象情報と海象情報を入手するよう心がけ、陸釣りの場合も「立ち入り禁止区域」には足を踏み入れないようにしましょう。

■2:健康状態の悪いときには泳がない
~過信が招く事故を防ごう~
体調が優れないときはもちろん、睡眠不足で疲れているときや飲酒後の水泳は控えましょう。また、泳ぐ前には準備運動を忘れずに。足がつって溺れる事故を防ぎます。

■3:炎天下での熱中症対策&UVケア
~水分と塩分を補給しよう~
赤ちゃん用プール
日陰にいても砂の照り返しなどで長くいると熱中症になる危険が。赤ちゃんや幼児のために小さなプールを持っていくと便利。
遊びだすとつい時間を忘れてしまいますが、定期的に日陰で休むことも忘れずに。また、熱中症予防のため、発汗によって失われる水分と塩分もこまめに補給しましょう。一度に補給するにはスポーツドリンクが便利です。紫外線対策としては、水に強いウォータープルーフの日焼け止めを使うようにし、帽子やラッシュガードも利用して、過度の日焼け(やけど)や日射病を防ぎましょう。体温調整がまだうまくできない赤ちゃんを連れている場合は、特に注意が必要です。長時間滞在しなくてならないときには、パラソルで日陰を作って赤ちゃん用のプールで遊ばせる、などの工夫をして下さい。

■4:子供だけで遊ばせない、子供から目を離さない
~迷子にも注意~
浮き輪
子供からは目を離さないで。
小さな子供はもちろん、泳げるようになった子供からも目を離さないでください。流れのある川や、波のある海で自分の泳力の限界を子供が判断するのは難しいこと。子供を水難事故から守るのは大人の責任です。浮き輪を利用している場合も、気がついたら沖に流されてしまっていたり、波打ち際で遊んでいても「離岸流」に巻き込まれてしまうということも。また、人出の多い時期には迷子になって大人を探しているうちに事故に至るケースもあります。自分たちのパラソルやテントが子供にも分かりやすいように、目印となるものをつけておくとか、海の家を利用する場合は外観を子供に覚えさせてから遊ぶなど、万が一迷っても戻ってこられるよう、最初に時間をかけて説明しておくことが肝心です。グループで(複数の子供を連れて)遊びに行く場合には必ず定期的に点呼もしましょう。

◎監視者の指示、注意を守る
 ~自己判断に任せない~
「遊泳禁止区域」で泳がないなどはもちろん、監視者に注意された場合には必ずその指示に従ってください。危険な場所、危険な行為はその地を知る彼らが最も理解しているからです。急に天候が変化し、高波や落雷が発生する可能性が出てくると、海から上がるよう指示が出る場合もあります。雨上がり後の川遊びも、一見問題ないように見えていても立ち入り禁止になることが。この場合も安易に自己判断に任せず、指示に従うことが大切です。

 

もしも何かがおきてしまったら