何事も最初が肝心!子供のスキー&スノーボードもそうですよね。

腕に覚えのあるパパやママなら(どこだって平気よ!)って思っていそうだけど、実はいろいろ考えると子供のためにも、最初の一歩はこんなゲレンデがいいんじゃない?・・・ということで、PA直結でアクセスラクラク、晴天率90%、キッズ向けの施設が充実した「佐久スキーガーデンパラダ」をガイドのレポートでご紹介します!

INDEX
■「スポーツ」というよりも、気軽なレジャー感覚で行けちゃうのがいい!
■どっちで遊ぼう !?南・北パラダ、それぞれの遊び方&利用のコツ!
  ≪ 南パラダ北パラダ
子供のアフタースキーはここ !!「昆虫展」がおもしろい!&その他お得情報

【関連記事】

  • パラダに泊まりで行くなら軽井沢森のいえ 晴れたらいいね


    雪初体験の子連れに必要なのは、「広さ」よりも「設備」や「条件」!

    北パラダからの眺め
    晴天率が高いので、ふもとでも浅間山など近隣の山々が美しく望める。【北パラダ】
    広くて積雪もあるスキー場はたしかに魅力!でも初心者の子供連れで雪遊びがメインだったり、スキー&スノーボードデビューを計画している時には、そんな魅力を充分には活用できないもの。

    だったらむしろ最初は「子供と楽しめる」条件にこだわった方がいいじゃん!ってことで、こんなスキー場で充分に雪慣れ、練習を済ませてから、次の段階で広いゲレンデ目指して旅行計画を立てる方が得策なのでは?

    「スポーツ」というよりも、気軽なレジャー感覚で行けるのもいい!その理由は・・・

    高速道路直結の全国唯一のハイウェイゲレンデ

    エスカレーター
    佐久平PAに直結。エスカレーターで上れば目の前にゲレンデが・・・。

    パラダは高速道路に直結した全国唯一のハイウェイゲレンデ です。(え?こんなところにスキー場があるの?)というぐらい取材当日も道路上には雪がなく良いお天気。さすがに高い晴天率をうたっているだけのことはあります!もちろんこの日はチェーン要らず。こればかりは天候にもよりますが、首都圏からはほとんどノーチェーンでアクセスできるようです。でもゲレンデには人工降雪機を導入しているから、いつでも雪があるので安心!

    上信越自動車道佐久平PAからハイウェイオアシスの第2パーキングエリアに車をとめ、エスカレーターで上ると目の前にスキー場が!パラダは「南パラダ」、「北パラダ」とエリアが分かれていますが(山頂で連絡)、PAに直結しているのは「南パラダ」です。両エリア間には無料シャトルバスも走っているので、子連れでも移動はラクにできます。

    佐久平PAで高速道路を降りて、車で直接南北パラダに行くこともできます(スマートインター利用)。
    ※ただし、通過できる車両はETC搭載車のみです。ETCを搭載していない車は、佐久平PAから一般道に入ったりUターンすることができないので、佐久ICから一般道を使ってのアクセスになります(北パラダまで約5分)。

    【関連記事】

  • 高速道路で遊ぶ?ハイウェイオアシス活用法(旅の便利・お得情報)

    レンタル品が充実しているから手ぶらでもOK!

    レンタル
    キッズサイズも豊富に用意。サイズ選びに迷ったらスタッフに相談しよう!

    レンタルは、ウエア90cm~、スキーブーツ16cm~、ボードブーツ17cm~、とキッズサイズも充実。スキー、スノーボードの用具はもちろん、グローブ、ニット帽、ゴーグル、ヘルメット、なども単品でレンタルが可能です。

    今シーズンはレンタルスキーがほぼ全品新品でカービングスキーになりました。

    南北にコースを分けているパラダ。それぞれの特徴は次のページで!